森は海の恋人!

立命館大学特別任用教授 小幡 範雄 森・川・海のつながり  海と森の関係をあらわす言葉の 1 つに、「森は海の恋人」というものがある。これは1989 年、宮城県北部の気仙沼市で漁業に携わる畠山重篤氏が提唱した「森は海の恋人運動」に端を発したものである。漁業者の間では、古くから「森を大事にすると海にも良い」という認識はあり、漁業協同組合が植林活動を実施してきた事例が、少なくとも1980 年…

続きを読む

地下水をめぐる「株」のお話

大阪府立大学現代システム科学域 遠藤崇浩  学会および関連会議にほとんど参加できていない私ですが、せめてもの罪滅ぼしにこの一文を執筆致します。タイトルにあるようにここ数年、地下水の「株」をめぐる研究を行っています。何やらこのように聞くと怪しげな世界に足を踏み入れているようですが、とても面白く抜け出せなくて困っております。  このお話の舞台は木曽三川下流部にある輪中地帯です。水に関する研究者の…

続きを読む

湖沼保全政策はどのように学び合えるのか

滋賀県立大学環境科学部 平山奈央子  2018年10月15日~19日に開催された第17回世界湖沼会議(いばらき霞ヶ浦2018)に参加しました。会議の詳細については<http://www.wlc17ibaraki.jp/index.html>をご覧ください。世界湖沼会議は隔年で開催されており、私が初めて参加したのは2001年に滋賀県・琵琶湖畔で開催された第9回世界湖沼会議でした。今年の会議では『…

続きを読む