保津川水運の再認識~水資源・環境学会夏季現地研究会~

(株)地域環境システム研究所 西田一雄

 今年の夏、8月19日、20日と恒例の水資源・環境学会夏季現地研究会に参加しました。毎回、充実した内容に満足しています。今年は、桂川上流の保津川をめぐる「京の都を支えてきた保津川 水運の歴史と水害とのたたかいを学ぶ」と題して1日目は、亀岡からに日吉ダムまでの車窓見学、日吉ダムの堤内ギャラリー及び日吉町郷土資料館を見学し、「ひよし龍の森」コテージで一泊しました。2日目は、亀岡駅近くのサッカースタジアム建設現場、「あゆもどき」繁殖施設の見学、亀岡市環境政策課での「川と海つながり共創プロジェクト」の説明を受け、河川の海ゴミ問題と河川清掃の努力やプロジェクトの事業展開を学びました。次に、保津川下り乗船場での見学、亀岡市柏原地区平和池水害の解説と資料館の見学をし、亀岡駅で解散という日程でした。あいにく、保津川の流路の整備中で保津川下りが運行中止となり、ビデオと遊船組合の代表理事の方の解説となりましたが、ビデオ映像と詳しい解説で充実した体験、学習となりました。

IMG_3191.JPG

IMG_3179.JPG


 夏の現地研究会は、実態に触れ、関係者の生の声を聞いて考える貴重な機会です。参加するたびに、新しい発見があり、目からうろこの感がします。今回もいろんな発見、関心ごとがありましたが、私として疑問に思っていた重大事実が解明されたのが特によかったです。それは、現在、保津川下りの舟は、トラックにて京都嵐山から乗船場の亀岡まではトラックで搬送しています。すでに400年の歴史がある保津川下りですが、昔も木造船の水運がありました。トラック輸送の無い時代はいかにして舟を亀岡まで引き上げたのでしょうか?そこが不思議でしたが、今回の水運の歴史に関するビデオ解説で納得して、驚きました。実は、川岸を人力で引っ張り上げていたそうです。それも、3人が協力して、引き綱が水面に垂れて水がしみこまないように常に引っ張った状態で走っていたようです。何度か子供のころは、保津川沿岸をハイキングしたことがありますが、岩場でまともな道らしきものはない状態です。写真によれば、ところどころ岩場に石の綱道があったようですが、約1時間で下るところを約3時間かけて引き揚げていたようです。嵐山の出発点近くには「地獄橋」という名の帰り道の橋があるようですが、そこから上流に帰る時の覚悟の思いで名付けられたようです。本当に困難な作業であったことが想像されます。行きも激流に抗して安全に荷を運ばなければならないが、帰りは激流を逆行して舟を引っ張って行くなど思いもしませんでした。そんな苦労が基本にあって、丹波、丹後の物資が京都に運ばれていたとは知りませんでした。本当に大変だったのですね。

IMG_3162.JPG 
 これ迄は、京都の都人の生活を支えた過酷な水運事業について、本当に何も知らなかったです。便利になった現在で当たり前の状況が、実はいろんな人の苦労で支えられていたことを知りました。本当に知ることの意味は貴重です。これからも新たな発見で見直していきたいと思っています。

IMG_3178.JPG


※ 秋の学会ニューズレターで、参加者報告の記事が掲載されます。お楽しみに。

水資源・環境研究は難しい。しかし…!

 本学会理事の宮永と申します。早いもので、理事職を拝命してから5年あまりの月日が過ぎました。しかし恥ずかしながら、未だに水資源・環境問題の専門家という自覚を持てず、水資源・環境研究者と名乗るのをためらう自分がいます。「とにかく水資源・環境研究は難しい」という、畏怖にも似た感覚が、心の中にずっとあるからです。この点に関連して、私がいつも思い浮かべるのは、次の一節です(Boulding 1964, 86)。

Water is far from a simple commodity,
Water’s a sociological oddity,
Water’s a pasture for science to forage in,
Water’s a mark of our dubious origin,
Water’s a link with a distant futurity,
Water’s a symbol of ritual purity,
Water is politics, water’s religion,
Water is just about anyone’s pigeon.
Water is frightening, water’s endearing.
Water’s a lot more than mere engineering.
Water is tragical, water is comical,
Water is far from the Pure Economical,
So studies of water, though free from aridity
Are apt to produce a good deal of turbidity.

 
 この詩の作者は、K.E.ボールディング(1910-1993)という経済学者です。「宇宙船地球号(spaceship earth)の経済学」や「贈与の経済学」など、狭義の経済学の枠に収まらないテーマを次々と論じては人々を驚かせた、博覧強記の人でした。20世紀を代表する、社会科学の知の巨人の一人といってよいでしょう。そんな彼には、実は水問題に関する研究業績もあり、この一節は、そこから引用したものなのです。サイエンスとアートの双方の素養がとめどなくあふれ出たこの作品に、日本語の訳語を与えることは、私の能力を超えます。さしあたりここでは、水資源・環境問題の幅広さ、そして水資源・環境研究の奥深さという現実を、みなさんとともに噛みしめたいと思います。

 しかし、いくら水資源・環境研究が難しいからといって、ずっと途方に暮れ続けているわけにもいきません。では、私のような研究者はいったいどうすればよいのでしょうか? この点について、今でも強く印象に残っているのは、尾田榮章氏(元建設省河川局長)がかつて私におっしゃった次の一言です。

 「宮永さん。水問題というのは、誰もが“専門家”になれるんですよ。」

 水なしに人間は生きられませんし、社会は存立しえません。つまり、人間や社会があるところ、必ず“水問題”が存在するわけです。それを逆手にとって、「どんな切り口からでも人は水問題に接近できるのだ」ということを、尾田さんは言いたかったのだと思います。その言葉を鵜呑み(!)にして、水研究者コミュニティの末席を汚し続けているのが、現在の私ということになります。

 ですが、まだ話は終わりません。仮に、各々の研究者が“専門家”として水研究を進めた結果、知識が個別的に生み出されたとしましょう。しかしそれで果たして、水資源・環境学という研究領域が総体として進展したといえるのか、という問題が残されているからです。もちろん、私などが簡単に論じられるテーマではありませんが、一つだけ言えるとすれば、ここにこそ「学会」という仕組みの存在意義があるのではないか、ということです。「インターネットの普及や専門分野の細分化が進んだ結果、研究者にとって学会の意義は低下したのではないか?」「それよりもむしろ、研究プロジェクト単位での議論・学びの方が、効率的に知的見返りを得られるのではないか?」ここ最近、研究者の口からそんな声がよく聞かれるようになりました。しかし、私の考えはノーです。「どんな切り口からも接近」できて、“専門家”になれるからこそ、さまざまな他者の知識を学んで自らの研究にフィードバックする、そしてその営みの積み重ねを通じて水研究の共通の知的基盤を創造する、といった機能が貴重であり続けると考えるからです。みなさんはどうお考えでしょうか?


参考文献:
Boulding, K.E. (1964) The Economist and the Engineer: Economic Dynamics of Water Resource Development, in Smith, S. C. and Castle, E.N., Economics and Public Policy in Water Resource Development, Iowa State University Press, pp. 82-92.


京都産業大学 宮永健太郎

posted by 水資源・環境学会広報委員会 at 05:38Comment(0)日記

河口域の復興まちづくり

 東日本大震災から7年がたちました。陸前高田市は、気仙川河口域の砂地にまちが形成されました。海岸線に植林された7万本の「高田の松原」は、一本を残し全部流されました。松原は、江戸時代に開発した田地を守るための防風林としてつくられたものです。「一本松」は災害復興、まちづくりの希望の象徴になりました(写真1)。かつて海水浴客でにぎわった海外線は12.5mの防潮堤が建設されました。今回襲った津波の高さには対応できませんが、市街地のかさ上げと併せた多重防御の防災です(写真2)。

写真1.JPG
写真1:災害復興、まちづくりの希望の象徴の「一本松」

写真2.JPG
写真2:防潮堤

 市内の3つの鉄道駅(軌道)は津波で完全破壊されました。鉄道の再開が期待されたのですが、BRT(バス高速輸送システム)に移行しました。結果的にはこちらのほう便利であるとの声が最近聞かれています(写真3)。

写真3.JPG
写真3:BRT(バス高速輸送システム)

 中心市街地は12mかさ上げ事業によって、商業施設、図書館、公園などがつくられました。休日ともなると家族連れでにぎわうようになりました(写真4)。

写真4.JPG
写真4:かさ上げ事業後の中心市街地

 にぎわいが戻ってきた半面、かさ上げ地域に空き地が生じています。人口流出、生活不安,孤独,コミュニティの崩壊、事業主の多重ローン、高台移転事業による土砂災害のおそれなど、副次的災害が波動のように続いています。
 陸前高田市は交流人口の拡大に力を入れています。体験学習で宿泊する高校生は年間1000名を超えるようになりました。岩手大学は立教大学と共同で「グローバルキャンパス」を開設しました。防災のテーマに限らず、だれもが、集い、学び、伝えるため交流・研修施設です。
是非訪ねて見て下さい。
 
陸前高田グローバルキャンパス(HPから予約可能)
https://rtgc.jp/
PR 国際防災・危機管理岩手会議 (4月末まで登録可能です)
https://inds-iwate.org/
             岩手大学人文社会科学部 松岡勝実


posted by 水資源・環境学会広報委員会 at 09:32Comment(0)随想