祇王井川の水利と石部頭首工

内外エンジニアリング株式会社 松 優男  近年、農業用水路・都市水路などの地域の水路網に流水を引き入れて、身近な水環境を再生しようとする取り組みが進展している。滋賀県の南東部に位置する野洲川沿岸地域では、非かんがい期(冬期)に農業用水路に流れる用水の配水計画を策定し水辺の環境の改善に取り組んでいる。こうした取り組みについて関係機関に話を伺っている中で祇王井川の事例を知ることとなった。 祇王井川…

続きを読む

冬季研究会 「コロナ禍での海洋プラスチック汚染を考える」 —ポスト・コロナ社会での水環境保全への提言に向けて—

高橋卓也(広報委員会) 3月13日(土)15時00分~17時00分、水資源・環境学会の冬季研究会がオンライン上で開催されました。テーマは「コロナ禍での海洋プラスチック汚染を考える」です。 原田 禎夫 会員(大阪商業大学)からの基調講演では、原田会員の京都府亀岡市でのプラスチック包装規制のご経験にもとづいて、プラスチック汚染とその対策の最前線、そしてコロナ禍で発生しているプラスチック汚染の現状…

続きを読む

一乗谷川ふるさとの川整備事業

立命館大学 吉岡 泰亮  2021年最初の投稿となります今回は、福井県福井市を流れる「一乗谷川」の整備事業をご紹介します。  福井県福井市のJR福井駅から東南へ約10キロメートル離れた一乗谷(いちじょうだに)には、国の特別史跡「一乗谷朝倉氏遺跡」があります。戦国大名の朝倉氏が本拠を構えていたこの地ですが、織田信長との戦い(1573年)に敗れて朝倉氏が滅んだのち、福井を治めた柴田家は一乗谷では…

続きを読む