明治の彦根に水車が回る―「青天を衝け」と彦根製糸場―

 高橋卓也(滋賀県立大学) 滋賀県彦根市に住んでおり、メタボ対策の散歩で近所の川の横を通ることがある。3~4mくらいの幅で、昔は水田の間を流れていたのだろうが今は住宅地の中だ。一度だけだが、カワセミが飛んでいるのを見たことがある。 近所の小川(彦根市平田川)(筆者撮影 2021-8-31)   以前、彦根城博物館で「彦根製糸場(せいしば)―近代化の先駆け―」という企画展があった(彦根城博物館…

続きを読む

大阪府高槻市・芥川の「こいのぼりフェスタ1000」

立命館大学 仲上健一 4月になると、新年度で入学式・入社式と気分は一新する。桜も散り始めると、大阪府高槻市にある芥川(あくたがわ)では、恒例の「こいのぼりフェスタ1000」が4月下旬に行われ、高槻市民のみならず遠くからは大阪市内からも多くの人々が参集する。しかし新型コロナウィルスのため、2021年も昨年に引き続き中止となった。地元の「号外NET 高槻市・島本町」では、「悲報」と伝えていた。 資…

続きを読む

祇王井川の水利と石部頭首工

内外エンジニアリング株式会社 松 優男  近年、農業用水路・都市水路などの地域の水路網に流水を引き入れて、身近な水環境を再生しようとする取り組みが進展している。滋賀県の南東部に位置する野洲川沿岸地域では、非かんがい期(冬期)に農業用水路に流れる用水の配水計画を策定し水辺の環境の改善に取り組んでいる。こうした取り組みについて関係機関に話を伺っている中で祇王井川の事例を知ることとなった。 祇王井川…

続きを読む