明治の彦根に水車が回る―「青天を衝け」と彦根製糸場―

 高橋卓也(滋賀県立大学) 滋賀県彦根市に住んでおり、メタボ対策の散歩で近所の川の横を通ることがある。3~4mくらいの幅で、昔は水田の間を流れていたのだろうが今は住宅地の中だ。一度だけだが、カワセミが飛んでいるのを見たことがある。 近所の小川(彦根市平田川)(筆者撮影 2021-8-31)   以前、彦根城博物館で「彦根製糸場(せいしば)―近代化の先駆け―」という企画展があった(彦根城博物館…

続きを読む