冬季研究会 「コロナ禍での海洋プラスチック汚染を考える」 —ポスト・コロナ社会での水環境保全への提言に向けて—

高橋卓也(広報委員会) 3月13日(土)15時00分~17時00分、水資源・環境学会の冬季研究会がオンライン上で開催されました。テーマは「コロナ禍での海洋プラスチック汚染を考える」です。 原田 禎夫 会員(大阪商業大学)からの基調講演では、原田会員の京都府亀岡市でのプラスチック包装規制のご経験にもとづいて、プラスチック汚染とその対策の最前線、そしてコロナ禍で発生しているプラスチック汚染の現状…

続きを読む