ラムサール条約登録地 北海道・大沼を訪れて

水資源・環境学会理事 野村 克己

 今年(H30)の8月に函館を旅行した際、足を伸ばして大沼国定公園に行きました。函館から函館本線に乗って約50分、雄大な駒ヶ岳の麓に広がる1,236haの大沼を中心とした約9,000haの自然豊かな公園です。当地は渡り鳥の飛来地としても知られ、ラムサール条約に登録(2012年7月)されており、冬季には白鳥などが渡って来ます。もよりの駅は大沼公園駅。すぐ目の前に公園エリアが広がり、道中の疲れがいっぺんに吹き飛びました。


地図.png
函館・大沼の地図 http://onumakouen.com/access/


水連.jpg
大沼から駒ヶ岳を望む


ラムサール条約登録.jpg
ラムサール条約登録を示す立て札


 今年の夏は記録的な猛暑。北海道はさぞかし涼しいだろうとでかけた現地は、期待を裏切りじりじりと肌を刺す日差しと、うだるような暑さ。車輌はクーラーもなく、天井を扇風機がうなりながら回る車内は蒸し風呂で、妙に懐かしい体験でした。

扇風機.jpg
扇風機!


 さて、大沼に行った最大の目的は、当学会誌30巻1号に投稿させていただいた、通称「エコバス」と私が総称する、移動環境教育車(船)の現地での運行状況の確認と、ご担当の方に直接お会いすることでした。

エコバス船.jpg
各地のエコバス船(水資源・環境研究30巻1号から)


 学会誌に記載しましたとおり、世界では環境教育に必要な機材やスタッフを専門の機関が常備し、学校等がこれを借りて環境教育を行なう、「エコバス」によるフィールドワークが盛んです。しかし、船を使った環境教育の事例は多くありません。逆に言えば貴重な存在です。

 当大沼では「大沼合同遊船」という観光船運航会社がその環境教育を担っています。「環境はカネにならない」と敬遠されそうですが、どっこい、事業の中にきちんと位置づけられており、それだけ「商売」としても成り立っており、そのご努力に敬服しました。

観光客でにぎわう遊覧船.jpg
観光客でにぎわう遊覧船


小鳥.jpg
観光船のそばで遊ぶ水鳥



 環境教育に利用する船は、普段は一般の観光客が乗船しますが、必要なときには船の椅子を固定している止め金具を外して、必要な機材を備えるなどの調整をスタッフがされるようです。


座席.jpg
取り外し可能な構造の船内座席


スタッフ.jpg
遊覧船のスタッフ


 現地のスタッフさんはお忙しくされていましたが、会ってお話を聞くこともできました。様々な団体からの利用申込みにも積み上げたノウハウで対応されている様子が感じられました。


水連.jpg
睡蓮が湖面に一杯!


 水生植物が豊富な沼を、レンタル自転車でのんびりと一周しながら自然を満喫するアクティビティもあり、四季それぞれの楽しみや学習ができるようです。

 ただし、ご承知のとおり、大沼を訪れた1か月後に北海道を襲った地震により、多数の犠牲者が出ました。また、ニュース番組で函館市内がみるみるブラックアウトする光景が全国に報道されました。復興は観光から!皆様も函館まで自然と海の幸を味わいに訪れてはいかがでしょうか?


函館.jpg
ブラックアウトをまだ知らない函館の市街


海の幸.jpg
海の幸が一杯!

posted by 水資源・環境学会広報委員会 at 16:21Comment(0)日記

自転車を降りた湖畔には

(公財) 千里リサイクルプラザ研究所 土屋正春

 私の住まいから琵琶湖畔までは近く、途中の信号が赤でなければ、下り坂でもあり自転車で30秒もすると水辺に至ることができる。そこはこの世界では知られたところのようで、土曜休日には早朝から身支度を整えた多くのバス釣りが草の陰から、ボートの上から、それこそ静かな水面に身を乗り出すようにして魚影に挑み続けている。

 今は鎮まりかえっているように見える湖面も先の台風21号と24号ではボートやヨットを係留していたステンレスのチェーンを破断させるほどの波浪を伴い、いろいろと大きな影響をもたらしたのだが、この台風の襲来で改めてはっきり気付いたシーンがある。

 そのひとつは、なによりも大量の水草が千切れて流れ出したことで、いわば生態系破壊者として特定外来生物の指名手配をされている大花水金梅(オオバナミズキンバイ)も含めた長短いろいろな水草の茎があちこちにあり、私もその断片を岸辺で手にした。もうひとつは今や話題の先端でもある水中プラスチックごみが巻き上げられ、打ち寄せられて、その多さを見せつけられたことだ。

 ところでこのような水草に対しては、滋賀県も水中コンバインのような作業船を動員し、あわせて根こそぎの刈り取りを徹底するために作業員が腰まで水に入って手作業で駆除をしている。岸に近づくほど抜き取りや刈り取りには船が入れず、そうした困難な様子を日頃から眼にしていたので、私も関心を寄せていたのだ。 

 関心の的は、よく言われる繁殖力の強さは実際のところはどうなのかという基本的なものであったのだが、手にした20センチほどの茎をよく見ると見事に新しい芽が出ている。以前、蓮の実が台所の流しで発芽し、その想像をはるかに超えた驚異的な伸び方を思い出した。自然界の生命力には敬服するばかりだ。

 一本の「棒」であった茎から、気温が下がってきているので「一週間で数センチ」とまではいかないものの、千切れて浮遊する断片はそれこそ無数にあるわけで、それがこのように芽が付いているとなると…。

 また近所をゆっくり走って水辺に出てみた。そこで改めて手にした小さな茎からの問いかけには今更ながらの重さを感じさせるものがあった。


IMG_0944.jpg


注・滋賀県の関連する代表的なHPは次の通りで、生育水域の拡大傾向や年間の様々な駆除事業などの情報提供がされている。

http://www.pref.shiga.lg.jp/d/shizenkankyo/oobana-nagae.html

posted by 水資源・環境学会広報委員会 at 09:31Comment(0)日記