水資源・環境研究は難しい。しかし…!

 本学会理事の宮永と申します。早いもので、理事職を拝命してから5年あまりの月日が過ぎました。しかし恥ずかしながら、未だに水資源・環境問題の専門家という自覚を持てず、水資源・環境研究者と名乗るのをためらう自分がいます。「とにかく水資源・環境研究は難しい」という、畏怖にも似た感覚が、心の中にずっとあるからです。この点に関連して、私がいつも思い浮かべるのは、次の一節です(Boulding 1964, …

続きを読む