琵琶湖疏水と小関越え:私の健康散歩

西田 一雄(地域環境システム研究所)

はじめに

 京都から大津に引っ越して早5年が経ちました。住めば都とよく言いますが、実感しながら暮らしている毎日です。特に今年はコロナウイルス禍の影響で自粛生活が年明けからはじまっていますが、感染しないで元気に暮らしたいものです。古稀過ぎて何かと体力や免疫力が衰退する中、予防には適度な運動、ストレス発散、適度な飲酒と食欲充実が必要と感じています。なかでも、感染防止には適度な運動が不可欠ですが、皆様も苦慮されていることでしょう。結果論となりますが、大津への転居が感染防止に大いに役立つ居住環境になっていることを水資源的な話題を踏まえてご報告したいと思い、今月のブログに投稿いたしました。


琵琶湖疏水について

 京都、滋賀の人で「疏水」と聞いて知らない人は無いと思います。その疏水は「琵琶湖疏水」と称し、今年竣工130周年になります。今年、文化庁による「日本遺産」に選ばれたようです。本学会でも京都蹴上にある琵琶湖疏水記念館を見学したこともありましたが、明治の土木工事で日本人だけの手で設計から材料調達、トンネル資材のレンガ作りから工事までを自力で達成した偉業です。明治維新に東京遷都された京都の復興をかけて計画された水資源活用の大プロジェクトでした。琵琶湖の水を水運、発電、飲料水、庭園用水に多目的に活用することを目的に、三井寺に近い湖畔三保ヶ崎(琵琶湖周航の歌で知られる京大ヨット部施設がある所)からトンネルと水路で京都の蹴上を経て鴨川に接続し、そのまま鴨川運河として南下し、伏見・濠川に至る約20㎞の人工水路です。また、蹴上から分岐した疏水分線は、南禅寺の境内を水路閣で有名な水路橋を通って、銀閣寺に通ずる自称「哲学の道」沿いの水路として親しまれています。

 琵琶湖疏水の工事は、第3代京都府知事の北垣国道が復興プロジェクトとして南一郎平、島田道生技師に命じ、工部大学校を卒業したばかりの田邊朔郎を土木技師に採用して着手された工事で、明治18年(1885年)に着工され、5年後の明治23年に完成したものです。現在でも稼働している蹴上の水力発電により、市電が運行するようになり、工場が誘致され、飲料水が供給されるようになりました。さらに、南禅寺の広大な用地を明治政府が民間の別荘用地として開発し、当時の政財界の要人が入植するとともに、造園家小川治兵衛によって作庭された名勝庭園群をいまに残しています。この庭園群の池の水も疏水の活用による文化財として現在も生きています。まさに100年を超える都市づくりの水資源活用の好例と言えるのではないでしょうか。

 現在に活きる水と土木技術が身近に感じる琵琶湖疏水です。京都市内の疏水沿いは観光スポットとして有名になりましたが、明治時代は、水運も盛んで琵琶湖の三保ヶ崎に大津閘門、第1トンネル洞門から蹴上の船溜まで計3つのトンネル(現在は、昭和のJR湖西線開発に伴い諸羽トンネルができ4つとなっている)で結ばれ、蹴上には高低差36m、全長582mのインクラインがあり、舟が上下していました。各トンネルの洞門には当時そのままの花こう岩製門柱や伊藤博文、山縣有朋筆の扁額があり、工事に用いたレンガ造り竪坑は今も残っています。疏水にかかる橋も当時のままのものもあり、第11号橋は、日本最初の鉄筋コンクリート橋と言われており、田邊朔郎の設計です。東山の第3トンネルを出たところから、この疏水に沿って散策路や公園、著名なお寺が続きます。西から本圀寺、天智天皇陵、安祥寺、洛東高校、諸羽疏水公園、一灯園(写真1)を経て第1トンネルの西口洞門(写真2)に至ります。この第1トンネルが難工事と言われ、長等山(三井寺の裏山)を超えて大津に出ます。この長等山を越える山道が「小関越え」で、ちょうどその道の下を第1トンネルが通っています。

一灯園.jpg

写真1 疏水散策路 一灯園付近

     

         第Ⅰトンネル西口洞門.JPG

写真2 第一トンネル西口洞門


小関越えについて

 小関越えは、旧東海道から分かれて三井寺に参拝する参道です。現在は、京都東インターチェンジができて様子が変わりましたが京阪電鉄京津線に「追分」という駅があり、近くに東海道から分かれる髭茶屋追分(山科追分)の道標あります。この髭茶屋追分は、江戸時代に開かれたと言われ、東海道五十七次として三条大橋に向かわず伏見宿に向かう道筋です。徳川家康が、京都の公家衆と交わるのを嫌って設けられた大阪への道筋といわれ、追分では、大津絵が盛んだったと聞きます。その京阪追分駅よりも京都よりの旧東海道筋に三井寺観音道という大きな石碑(写真3)があります。そこを左に折れてまっすぐ歩くとJR線に突き当たります。JRが京都から大津に行くトンネルの入り口ですが、そのトンネルの上に道路がありトンネルを超えると道標があります。左に行くと琵琶湖疏水の第1トンネル西口洞門(写真2)が見え、疏水沿いの散策路へと続きます。道標に従って真っすぐ行くと右に日蓮宗寂光寺があり、そこからが小関越えの始まりです。もともと東海道の逢坂の関で知られる道筋は大関越えと言われてこともあり、三井寺に出る近道は間道で、小関越えと呼ばれたようです。その小関越えは逢坂山と長等山の境にあたり、沢的な地形のことから琵琶湖疏水の最適ルートと考えられたようです。この小関越えの道筋に、トンネル工事に必要な空気の換気口として竪坑が2つ設けられ現存しています。(写真4)当時の面影が残るレンガ造りで、京都の蹴上に造られた工場で製造されたと聞きます。寂光寺から歩いて約30分で小関峠の頂上に着きますが、そこには、峠の地蔵堂(喜一堂、写真5)があります。その後は下り坂で、現在は、広い道路に整備され、大津から161号バイパスに通じる交通ルートになっています。しかし、山間部だけが広い道で、大津に下りたところにある小関越え道標(写真6)付近は小関町の住宅地内の狭い道路に繋がり、大津市街地に連絡しています。このため交通量も少なく散策するにはちょうど良い環境となっています。

     三井寺観音道道標.JPG

写真3 三井寺観音道・小関越道標

         

    第1竪坑.jpg

写真4 小関越えレンガ造りの第1竪坑


喜一堂.JPG

写真5 小関峠の地蔵堂(喜一堂)


     小関町道標.JPG

写真6 大津小関町 小関越え道標


健康散策について

 私が引っ越したマンションは、この琵琶湖疏水第1トンネル西口洞門を見下ろす藤尾台という丘にあり、歩いて2分程度の距離です。琵琶湖疏水公園沿川は、春は桜、秋は紅葉の景観が素晴らしく、季節の変化を感じさせてくれます。この疏水公園と小関越えルートが私の散歩エリアです。疏水に沿って山科方面へはおおむね往復50分、小関越えの入り口を旧村落の藤尾神社までの往復も50分、小関越えして喜一堂を引き返しても50分です。そのルートに適当な折り返し点を決めて、体調と必要時間の兼ね合いで1週間に3~4回程度歩いています。適度な坂があり、道沿いの家の庭や沿道の草花の変化、お寺の樹木などの景観の変化が楽しいです。健康のための散歩や運動は如何に持続できるかがカギだと考えています。そうした持続性の要因に自然の変化、歴史や水利用への思いを取り入れられたと考えています。特に、春の桜の季節は、桜のつぼみが日日変化して色づいていくのが楽しみでです。自然の変化に感心させられ、疏水の流れも季節感があります。冬はほとんどこの疏水には水が流れず、水が流れ出すと春の到来です。それから桜の満開、桜吹雪で桜の花筏が見える頃が最高の景色ですね。桜の下で花見酒が楽しめるのも私の趣味に合っています。水を楽しみ、食を楽しみ、健康を維持できる環境は、本当に良いとつくづく感じるこの頃です。皆様も健康に留意し、コロナに負けずお過ごしください。


河童と友達になりたい

伊藤達也(法政大学) 
1.はじめに
 最近、河童と友達になりつつある。もちろん、そう思っているのは私だけで、河童から「友達だよ」と言われたことはない。そもそも、会ったこともない。でも、日本全国いろいろなところに河童は棲んでいるし、多くの人たちが既に河童と友達になっている。だから、もう少しがんばれば私も河童と友達になれるのではないかと強く期待している。
 卒業論文で水資源問題を扱って以来、かれこれ40年近くになる(正確には37年)。これまでずっと水資源をめぐる対立と調整、具体的には長良川河口堰や徳山ダムといったダム・河口堰の建設問題を取り上げてきた。こうした研究テーマから河童関連ものに研究テーマが移ってきた、いや、広がってきた理由については、既に「河童による水辺環境保全運動と地域振興効果-福岡県久留米市田主丸町を事例に-」(水資源・環境研究32-1、2019)で述べたので、ここでは繰り返さない。「どうしたの?」「何があったの?」「心境の変化?」等、数々の質問を頂いたが、私としては両者の間に何の断絶も矛盾もなく、研究テーマとして両立している。問題があるとすれば、研究テーマの広がりにより、対象地域がどんどん増えていき、なかなか現地を訪問し、見識を深め、研究を行うことが難しくなっていることだ。今年は大学から数年ぶりにサバティカルをいただき、「さあ、いろいろなところへ行くぞ。待ってろよ、河童」と思っていた矢先、コロナ問題が発生してしまい、ほぼ2か月以上の「ステイ ホーム」に至ってしまったことはつくづく残念だ。
 せっかく、学会のホームページに原稿を載せていただく機会を頂いたので、これまで私が訪れた河童のまち(むら)をいくつか簡単に紹介し、我が国で河童、そして河童の友人の人間がどのように暮らしているかについて述べてみたい。当初はもっと多くの河童のまち(むら)を紹介するつもりでいたが、妙に長くなってしまったため、2、3か所の紹介にとどめる。もし機会があれば是非続きを紹介させていただきたい(笑)

2.河童のふるさと、田主丸
 福岡県久留米市田主丸は少なくとも西日本最大の河童のまちと言ってよいだろう。そのように考える最大の理由は、田主丸に西日本の河童の総大将である九千坊が棲んでいるからだ。田主丸に棲む河童の友人の人間たち(河童族と称している)は敬意を込めてJRの駅舎を河童仕様にし(写真1)、町の至る所に河童像を設置し(写真2)、毎年8月8日には河童祭りを開き、子々孫々、河童と友人であり続けるための努力をしている。私もここ2年ほど、河童祭りに参加させてもらっている。

伊藤先生1.jpg
写真1 JR田主丸駅(筆者撮影、以下同じ)

伊藤先生2.jpg
写真2 田主丸の町中にある河童像の一例

 河童祭りの日は朝、神事を済ませ(写真3)、子ども河童族は神輿を担いで町中を練り歩く(写真4)。町中に人影が少ないのがちょっと寂しい。午後はゆっくりと休む。でも子供たちは1年のうちこの日だけ許された巨瀬川の川遊びを存分に楽しみ、夕方まで川から出ようとしない(写真5)。そして、夕方になると居酒屋「川底」(私が勝手に命名)がオープンする(写真6)。川の中にテーブルとイスを置き、足を川に漬けながらお酒と料理を頂く。みなさんも8月8日一緒に行きませんか。

伊藤先生3.jpg
写真3 河童祭りの神事

伊藤先生4.jpg
写真4 河童神輿の練り歩き

伊藤先生5.jpg
写真5 巨瀬川で遊ぶ子どもたち 

伊藤先生6.jpg
写真6 居酒屋「川底」

3.河童上陸の地
 怒られるかもしれないが、私が調査を含めてそれなりに案内できるのは田主丸だけで、あとは「行ったことがある」程度の知識しかない。申し訳ありません。
 河童は日本オリジナルの存在で、海外には棲んでいない。ただ、田主丸駅の河童資料室(今はきれいなカフェになっている)の壁に展示されていた資料によると、河童は元々中国の山奥に棲んでいて、そのうち東に向かったのが仁徳天皇の治世に日本に来て、西に向かった一族はハンガリーにたどり着いたという。これはどうしてもハンガリーに行かなければならない。日本に向かった河童族の大将が九千坊で、船で来たのか泳いで来たのかは知らない(噂ではどうも泳いで来たらしい)が、熊本県八代市の球磨川河口にたどり着いた。八代市の球磨川河口にはそれを示す立派な碑と河童のモニュメントが立っている(写真7、8)。ただ、2018年8月、現地を訪れた時、地元の人から「あの碑はうちの父親が洒落で立てた」と聞いてしまったため、本当に河童が八代に上陸したかどうかはわからない。ちなみに私のゼミに所属する中国人留学生に河童が中国にいるかを質問したところ、全員が「いない」と答えた。西遊記に出てくる沙悟浄は日本では河童であるが、中国では川の神的存在(例えば河伯)ではあり、河童ではない。

伊藤先生7.jpg
写真7 河童渡来の碑

伊藤先生8.jpg
写真8 碑の横に設置されている河童像
 
 八代に上陸した河童たちはその後、球磨川流域に広がり、繁栄を極めた。しかし、加藤清正の怒りを買い、肥後から追い出され、久留米に逃れた。現在、久留米市のイメージキャラクターであるくるっぱ(写真9)は、2019年のゆるキャラグランプリでご当地部門9位に食い込んだなかなか将来性のある河童であるが、田主丸の人々は「くるっぱは久留米のゆるキャラであって、田主丸の河童ではない」「くるっぱはまだ田主丸に挨拶に来ていない」などなかなか手厳しい見方をしていた。

伊藤先生9.jpg
写真9 くるっぱ

ただ、2017年11月に行ったアンケート調査では好意的な回答が多く、現在の関係は良好だと思われる。蛇足であるが、私の住む埼玉県志木市の公式キャラクター・カパルは、2018年ゆるキャラグランプリご当地部門で1位になった(写真10)。河童強し。

伊藤先生10.jpg
写真10 カパル

4.怖い河童が現れるところ
 兵庫県福崎町は民俗学の父柳田國男が生まれた町である。この町が6年ほど前から、「河童の町」「妖怪の町」として人々の注目を集めるようになった。河童は元々、馬を川に引き込んだり、人間の尻子玉を引っこ抜いたり、川で溺れさせたり、なかなか怖い存在であった。そのため、史料として残されている姿はおどろおどろしいものばかりであるが、最近はゆるキャラブームのせいもあり、河童から恐ろしさが消え、何とも言えずかわいい存在と化している(河童から怖さが消え、かわいくなってきたのは、実はもっとずっと前からであるが、ここでは問わない)。
 福崎町でも写真11に見るように、町のキャラクター「フクちゃんサキちゃん」(もちろんモデルは河童)は十分かわいいキャラなのであるが、2014年頃に出現した「ガジロウ」「ガタロウ」は見るからに恐ろしく、しかも15分毎に溜池の中から現れる(写真12)。私は2018年3月に現地を訪れたが、評判通り十分怖く、隣で父親に抱かれた子供が泣いていた。タクシーの運転手から聞いた話では、前年(2017年)、すごく話題になり、観光バスがたくさんやってくるほどだったが、今年(2018年)は既にブームが去ってしまったそうだ。ガジロウの現れる池の横では、どら焼きをくわえ、逆さになった天狗が滑走していた。他にもたくさんの妖怪が存在し、最近では町中に設置された妖怪ベンチに多くの妖怪が座っているらしく、福崎町はいよいよ「妖怪の棲む町」づくりに邁進しているようだ。私は、怖い河童ブームは長持ちしないと考えていたが、予想を誤ったか。もしかしてブームはまだ続いているのだろうか。一度確認に行かなければならない。

伊藤先生11.jpg
写真11 福崎駅前のフクちゃんサキちゃん

伊藤先生12.jpg
写真12 池から出てくるガジロウ(真ん中)

5.環境保全と地域振興
 たかだか2つや3つの事例、しかも表層をなぞっただけの紹介から、何かまとまったことが言えるとは思っていない。ただ、こうした紹介の根底には、河童を使った環境保全、さらには河童を使った地域振興の可能性への視点があることを述べておく(伊藤2020)。河童が生き生きと暮らすまちやむらに環境問題は発生しないだろうし、河童が経済発展や地域振興を引っ張るようなまちやむらには決して地域の衰退は生じない。こうしたことを考えながら、今現在は「ステイ ホーム」を心がけ、しかし、コロナ問題が終了次第、河童に会うために日本全国に出かけたいと思っている。

追記
 早速、「ガジロウの現れる池の横では、どら焼きをくわえ、逆さになった天狗が滑走していた。」がわかりづらいとのコメントを頂きました。コメントがあるということは、読んでいただけたということ、ありがとうございます。次の写真13を見ていただければわかると思います。ちなみに天狗がくわえているのは福崎町の名産もちむぎから作った「もちむぎどら焼き」です。一つ133円(税込み)で、隣のレストランの売店で売っています。私はこの原稿を書くための下調べをするまでそのことを知らず、売店でたくさん河童グッズを買い込んだ(写真14)のに、どら焼きは買い損ねました。ちなみにガジロウのプラモデルも売ってます。ネットで買えますよ。

伊藤先生13.jpg
写真13 逆さ天狗

伊藤先生14.jpg
写真14 福崎町の河童グッズ

posted by 水資源・環境学会広報委員会 at 06:06Comment(0)日記

日本とロシアの二つの水都から水環境価値を考える

若井 郁次郎(モスクワ州国立大学 地理・生態学部 講師)

立地と歴史が類似した二つの水都

 日本の大阪市(以下、大阪という。)と、ロシアのサンクトペテルブルク市(以下、サンクトペテルブルクという。)とを選んだのは、そっくりの自然地形での立地にあることに注目しています。まず、二つの水都が似ている自然地形のあらましから紹介します。

 大阪は、日本最大の湖・琵琶湖を源流とする淀川の75㎞下流の河口にあり、瀬戸内海の東端の大阪湾の湾奥に立地しています。一方、サンクトペテルブルクは、ヨーロッパ最大の湖・ラドガ湖から流れ出るネヴァ川の74㎞下流の河口に位置し、フィンランド湾の東端のネフスカヤ湾の湾奥にあります。両市ともに西側が内湾に面していることから、冬は海上を走る強い西風が市街地を通過します。


若井図1大阪とサンクトペテルブルクの位置.PNG
図1 大阪市とサンクトペテルブルク市の位置

 二つの都市の大きさは、市域の面積で見ますと、大阪が221㎢、サンクトペテルブルクが1,400㎢であり、サンクトペテルブルクは、大阪の6.3倍の広さです。人口は、大阪が約268万人(2013年)、サンクトペテルブルクが493万人(2011年)であり、サンクトペテルブルクは大阪の約1.8倍です。面積と人口ともに、サンクトペテルブルクは、大阪よりも上回っています。

 二つの水都は、現在の都市としての原形が造られたときから見ますと、大阪は豊臣秀吉が大坂城を築城し、城下町を造り始めた1583年、サンクトペテルブルクは、ピーテル大帝が建都し始めた1703年に起源をもち、いずれも外交政策の展開の要所として建設された臨海都市です。二つの都市は、海上交通の起点となり航路を増やし、伸ばしながら国内はもとより、国際交易・交流を中心とする港湾都市として発展してきました。しかしながら、河口に位置する両市は、冬の強い西風による高い波が河口に押し寄せ、船の離着岸だけでなく、堆積する土砂量が多く、水深を保つための浚渫を必要としてきました。こうした不利に打ち勝つため、都市内の大小河川沿いに河港が建設され、増える水運需要に応えるため、河川をつなぐ運河網が造られ、海上アクセスが便利になりました。これが、現在、両市に見られる河川・運河網です。

 しかし、大阪は、1960年代のモータリゼーションによる市内中心部の交通渋滞の解消のため、多くの運河が埋め立てられ、道路に変わりました。ここに両市の水都景観の保全の考え方に違いが見られます。


若井図2大阪のおもな河川と運河網.PNG
図2 大阪のおもな河川と運河網


若井図3サンクトペテルブルクの主な河川と運河網.PNG
図3 サンクトペテルブルクのおもな河川と運河網

持続できる水都景観サービス

 近代都市は、ますます高度に人工化し、自然度が少なくなりつつあります。このため、水のある都市空間は、都市居住の快適さを高めるうえで見直されつつあり、貴重な環境資源であるとする考え方や見方が広がっています。しかし、景観という視点だけでは、水都景観の保全の説得は弱いように思われます。

 それには、自然環境から人間が長年にわたり持続して受けてきた有形や無形のサービスが、今後も持続して高い質で受けられるには、どのように位置づけ、どのように保全するかを考え、水のある都市空間の価値づけを行うことが重要になります。現在のところ、生態系サービスと持続可能な開発目標をより深く、具体的に明らかにしていくことが、一つの解決アプローチであると考えています。

 都市内の水のある都市空間は、生態系サービスから見れば、「気候の制御」や「文化的サービス」がおもに相当するものであり、都市気候の緩和や人間への精神的なくつろぎをあたえてくれます。また、持続可能な開発目標から見れば、「住み続けられるまちづくりを」がもっとも近い開発目標になります。いずれにしても、現在から未来にかけて都市内の自然環境を守り、人間と自然との関係距離を縮めていくことが大切になります。言い換えれば、人間と自然とが対話できる都市空間を保全し、都市にうるおいを演出して人間性や都市文化度の持続性を高めていくことが求められている、といえます。

若井図4生態系サービスの種類.jpg
注 日高敏隆編(2010)『生物多様性はなぜ大切か?』より引用。
図4 生態系サービスの種類

図5.持続可能な開発目標jpg.jpg
注 国連開発計画(UNDP)のHPより引用
図5 持続可能な開発目標(SDGs)


二つの水都と水辺空間の利用

 大阪とサンクトペテルブルクは、市内に多数の河川や運河があり、水辺空間に恵まれた大都市です。両市とも、水や生き物などの自然に接することができる豊かな水辺空間があり、都市空間の魅力を高めています。水辺空間の有無は、建物が林立する現代の大都市の魅力を左右するものといえます。

 立地条件が似ている大阪のサンクトペテルブルクの水辺空間の利用の現状を具体的に見ましょう。二つの水都の水辺空間は、大きな観光資源になっています。しかし、水辺空間のありようは、大阪は混とんとしていますが、サンクトペテルブルクはすっきりしています。この違いは、都市計画の考え方によるところが大きいようです。つまり、大阪は、水辺に面して小さな建物が隣接しているうえ、看板や広告塔が個性的にあります。他方、サンクトペテルブルクは、大きな建物が整然とし、看板や広告塔がきわめて少ないようです。どちらの水都景観を選ぶかは、難しいところです。

若井写真1道頓堀川.jpg
(1)大阪 道頓堀川(著者撮影)

若井写真1Griboedva運河.jpg
(2)サンクトペテルブルク Griboedova運河(著者撮影) 
写真1 水上観光でにぎわう水都の水辺空間

 二つの水都の水辺空間の利用について、もう一つの事例で見ることにします。大阪は、堂島川の中に都市高速道路が造られていて、水辺空間の魅力を半減しています。他方、サンクトペテルブルクの河川や運河では、観光船やプレジャーボートの往来があり、観光客だけでなく、市民も船上からの都市風景を楽しんでいます。二つの水都における水辺空間の利用面から見ますと、サンクトペテルブルクは、生態系サービスをより多く受けているようです。

若井写真2堂島川.jpg
(1) 大阪 堂島川(著者撮影)

若井写真2Griboedva運河.jpg
(2)サンクトペテルブルク Griboedova運河(著者撮影)
写真2 市内中心部の水辺空間

水都の水環境価値をどのように考えるか

 巨大化する都市が地球や地域の環境におよぼす負荷を減らし、将来の快適な都市環境につながる自然度の高い都市環境づくりが求められています。その解決アプローチの一つとして水都の水環境価値を明らかにすることが必要になっているといえます。これまで水環境価値は、たとえば仮想評価法などが応用され、定量化が試みられています。しかしながら、想定による水環境価値を測ることは、必要ですが、事実とかい離しているようであり、説得性が弱いように思われます。また、上述したように、類似する都市の水辺空間の利用の現状を比べて考察することも重要ですが、水環境価値の一般化は難しいと思います。

 それでは、どのように水環境価値を解明するか。たとえば、水都の水環境価値は、水辺空間の広がりと奥行きに加えて、水質の良さや、河川や運河で生活する生き物の種類の多さと生息数などを考えて、定量化あるいは指標化する必要があります。また、水辺空間の魅力は、人間の価値観による評価をも必要とするでしょう。なかなか困難な問題ですが、やりがいのある問題といえます。ここでは、水環境価値の解明の重要さを提起するにとどめますが、筆者は、今もこの悩ましい問題を思考実験しています。解決の光が見えるようになれば、改めて投稿しますが、皆さんも挑戦的に取り組んでいただければ、幸いです。


参考文献
  1. Wakai, I. (2018). Effect of Creating Environmental Value by Development/Regeneration of Sound Waterfronts in Major Cities: Osaka City as a Case Study, Policy Science, Vol. 25, No. 3, pp. 183-196, The Policy Science Association of Ritsumeikan University
  2. Wakai, I. (2016). A Comparative Study of Waterfront Use as Ecosystem Services in Saint-Petersburg and Osaka, Architecture and Engineering, Vol. 1, Issue 1, pp. 71-78
後記
 この記事は、筆者が2014年8月~9月の2カ月、ロシアのサンクトペテルブルク市に短期滞在したときの見聞調査と、帰国後の国内調査に基づいています。また、帰国後、大阪市とサンクトペテルブルク市が姉妹都市であることを知りました。





posted by 水資源・環境学会広報委員会 at 17:17Comment(0)日記