水資源・環境研究は難しい。しかし…!

 本学会理事の宮永と申します。早いもので、理事職を拝命してから5年あまりの月日が過ぎました。しかし恥ずかしながら、未だに水資源・環境問題の専門家という自覚を持てず、水資源・環境研究者と名乗るのをためらう自分がいます。「とにかく水資源・環境研究は難しい」という、畏怖にも似た感覚が、心の中にずっとあるからです。この点に関連して、私がいつも思い浮かべるのは、次の一節です(Boulding 1964, 86)。

Water is far from a simple commodity,
Water’s a sociological oddity,
Water’s a pasture for science to forage in,
Water’s a mark of our dubious origin,
Water’s a link with a distant futurity,
Water’s a symbol of ritual purity,
Water is politics, water’s religion,
Water is just about anyone’s pigeon.
Water is frightening, water’s endearing.
Water’s a lot more than mere engineering.
Water is tragical, water is comical,
Water is far from the Pure Economical,
So studies of water, though free from aridity
Are apt to produce a good deal of turbidity.

 
 この詩の作者は、K.E.ボールディング(1910-1993)という経済学者です。「宇宙船地球号(spaceship earth)の経済学」や「贈与の経済学」など、狭義の経済学の枠に収まらないテーマを次々と論じては人々を驚かせた、博覧強記の人でした。20世紀を代表する、社会科学の知の巨人の一人といってよいでしょう。そんな彼には、実は水問題に関する研究業績もあり、この一節は、そこから引用したものなのです。サイエンスとアートの双方の素養がとめどなくあふれ出たこの作品に、日本語の訳語を与えることは、私の能力を超えます。さしあたりここでは、水資源・環境問題の幅広さ、そして水資源・環境研究の奥深さという現実を、みなさんとともに噛みしめたいと思います。

 しかし、いくら水資源・環境研究が難しいからといって、ずっと途方に暮れ続けているわけにもいきません。では、私のような研究者はいったいどうすればよいのでしょうか? この点について、今でも強く印象に残っているのは、尾田榮章氏(元建設省河川局長)がかつて私におっしゃった次の一言です。

 「宮永さん。水問題というのは、誰もが“専門家”になれるんですよ。」

 水なしに人間は生きられませんし、社会は存立しえません。つまり、人間や社会があるところ、必ず“水問題”が存在するわけです。それを逆手にとって、「どんな切り口からでも人は水問題に接近できるのだ」ということを、尾田さんは言いたかったのだと思います。その言葉を鵜呑み(!)にして、水研究者コミュニティの末席を汚し続けているのが、現在の私ということになります。

 ですが、まだ話は終わりません。仮に、各々の研究者が“専門家”として水研究を進めた結果、知識が個別的に生み出されたとしましょう。しかしそれで果たして、水資源・環境学という研究領域が総体として進展したといえるのか、という問題が残されているからです。もちろん、私などが簡単に論じられるテーマではありませんが、一つだけ言えるとすれば、ここにこそ「学会」という仕組みの存在意義があるのではないか、ということです。「インターネットの普及や専門分野の細分化が進んだ結果、研究者にとって学会の意義は低下したのではないか?」「それよりもむしろ、研究プロジェクト単位での議論・学びの方が、効率的に知的見返りを得られるのではないか?」ここ最近、研究者の口からそんな声がよく聞かれるようになりました。しかし、私の考えはノーです。「どんな切り口からも接近」できて、“専門家”になれるからこそ、さまざまな他者の知識を学んで自らの研究にフィードバックする、そしてその営みの積み重ねを通じて水研究の共通の知的基盤を創造する、といった機能が貴重であり続けると考えるからです。みなさんはどうお考えでしょうか?


参考文献:
Boulding, K.E. (1964) The Economist and the Engineer: Economic Dynamics of Water Resource Development, in Smith, S. C. and Castle, E.N., Economics and Public Policy in Water Resource Development, Iowa State University Press, pp. 82-92.


京都産業大学 宮永健太郎

posted by 水資源・環境学会広報委員会 at 05:38Comment(0)日記

河口域の復興まちづくり

 東日本大震災から7年がたちました。陸前高田市は、気仙川河口域の砂地にまちが形成されました。海岸線に植林された7万本の「高田の松原」は、一本を残し全部流されました。松原は、江戸時代に開発した田地を守るための防風林としてつくられたものです。「一本松」は災害復興、まちづくりの希望の象徴になりました(写真1)。かつて海水浴客でにぎわった海外線は12.5mの防潮堤が建設されました。今回襲った津波の高さには対応できませんが、市街地のかさ上げと併せた多重防御の防災です(写真2)。

写真1.JPG
写真1:災害復興、まちづくりの希望の象徴の「一本松」

写真2.JPG
写真2:防潮堤

 市内の3つの鉄道駅(軌道)は津波で完全破壊されました。鉄道の再開が期待されたのですが、BRT(バス高速輸送システム)に移行しました。結果的にはこちらのほう便利であるとの声が最近聞かれています(写真3)。

写真3.JPG
写真3:BRT(バス高速輸送システム)

 中心市街地は12mかさ上げ事業によって、商業施設、図書館、公園などがつくられました。休日ともなると家族連れでにぎわうようになりました(写真4)。

写真4.JPG
写真4:かさ上げ事業後の中心市街地

 にぎわいが戻ってきた半面、かさ上げ地域に空き地が生じています。人口流出、生活不安,孤独,コミュニティの崩壊、事業主の多重ローン、高台移転事業による土砂災害のおそれなど、副次的災害が波動のように続いています。
 陸前高田市は交流人口の拡大に力を入れています。体験学習で宿泊する高校生は年間1000名を超えるようになりました。岩手大学は立教大学と共同で「グローバルキャンパス」を開設しました。防災のテーマに限らず、だれもが、集い、学び、伝えるため交流・研修施設です。
是非訪ねて見て下さい。
 
陸前高田グローバルキャンパス(HPから予約可能)
https://rtgc.jp/
PR 国際防災・危機管理岩手会議 (4月末まで登録可能です)
https://inds-iwate.org/
             岩手大学人文社会科学部 松岡勝実


posted by 水資源・環境学会広報委員会 at 09:32Comment(0)随想

日本初の水力発電所・三居沢発電所(宮城県仙台市)

 1888年7月、日本の水力発電は杜の都・仙台でその歴史の1ページ目を刻みました。その流れをくむ発電所は、100年以上現役で稼動を続けています。JR仙台駅から仙台市交通局のバスで約25分。仙台市交通局の「川内営業所」に隣接するのが、現在は東北電力が管理する「三居沢(さんきょざわ)発電所」です。

IMG_3425.JPG

写真1:1909年に完成した現在の建物(撮影:2017年6月。以降の写真も全て同じ)


IMG_3439.JPG

写真2:「水力発電発祥の地」の石碑

 当初は出力5キロワットの直流発電機でしたが、幾度かの改修を経て、現在は1910年から稼動するシーメンス社の交流発電機により、最大発電出力1,000キロワットとなっています。1888年、現在の仙台市交通局・川内営業所の敷地にあった「宮城紡績会社」(1884年に紡績事業を開始)が、仙台市内における電灯事業の開始を目的に、広瀬川の水を動力としていた織機の水車タービンに発電機をつけたのが始まりです。最初は紡績工場内の照明50基と、取水口のある山の頂上に1基設けたアーク灯を照らすために使われました。

IMG_3443.JPG

写真3:宮城紡績会社があったことを示すプレート。画面左上のバスの上に少しだけ見えているクロマツは、その当時からある。

 ただし電灯事業に関しては「時期尚早」との意見が強く、7年後の1894年まで待つことになります。その間、1891年に京都の蹴上発電所が電灯用の配電を開始したため、現状ではこちらのほうが有名になってしまっている感もあります。
(記念館の方も、ぼやくような感じでおっしゃっていました)

 1894年、発電機を30キロワットの能力のものに交換した上で、仙台市内における電灯事業が始まりました。当初の契約数は365灯でしたが、あっという間に増えていき、1895年の末には20万灯を超えていたそうです(書籍「東北の電気物語」より)。1900年、その電力に目をつけた人々によって、当時自転車の灯火用として需要があった「カーバイド」の製造が試みられ、見事に成功。のちに設立された「日本カーバイド商会」は、現在のチッソ株式会社のルーツとなっています。
 1910年には、現在使われている発電機を収容した新しい建物が完成。1942年には現在の東北電力の母体となる東北配電株式会社に継承され、100年以上経った今も現役で稼動を続けています。

 1988年、初代の建物があった場所に、「三居沢電気百年館」が開設。発電所の建物のうち、百年館と隣り合う部分の外壁はガラス張りに変更され、百年館から発電機を眺めることが出来ます。1999年、発電所の建屋が国の「登録有形文化財」に指定。2008年には発電機や関連資料が日本機械学会の「機械遺産」に。そして2009年には経済産業省の「機械遺産」の認定を受けています。

IMG_3440.JPG

写真4:1988年に開設された三居沢電気百年館(右側の円筒形の外観の建物)

IMG_3431.JPG

写真5:百年館から発電所建屋内を眺めた様子

IMG_3437.JPG

写真6:日本機械学会からの認定状と、記念のクリスタルトロフィー

 百年館の2階の外にあるテラスに出ると、現役の導水管と、初代の導水管の跡地を眺めることも出来ます。レンガ造りで、これまた趣のあるものです。

IMG_3432.JPG

写真7:百年館2階のテラスから見た、現役の導水管(左側)と、初代の跡地(右側)

 仙台城などを巡回するループバス「るーぷる仙台」でも行くことができます(この場合は、停留所番号11の「交通公園・三居沢水力発電所前」下車で徒歩3分)。仙台へお越しの際は、ぜひ一見されることをお勧めします。

参考:東北電力Webサイト「三居沢電気百年館」紹介ページ
http://www.tohoku-epco.co.jp/pr/miyagi/sankyozawa.html

吉岡 泰亮(広報委員会)








posted by 水資源・環境学会広報委員会 at 13:15Comment(0)随想