地下水をめぐる「株」のお話

大阪府立大学現代システム科学域 遠藤崇浩

 学会および関連会議にほとんど参加できていない私ですが、せめてもの罪滅ぼしにこの一文を執筆致します。タイトルにあるようにここ数年、地下水の「株」をめぐる研究を行っています。何やらこのように聞くと怪しげな世界に足を踏み入れているようですが、とても面白く抜け出せなくて困っております。
 このお話の舞台は木曽三川下流部にある輪中地帯です。水に関する研究者の間には輪中=治水問題という思いが広まっていると思いますが、実は地下水をめぐって大きな争いがありました。
 輪中といえば四方を堤防でぐるり囲んだ集落を思い起こす方も多いでしょう。洪水から身を守るために江戸時代以降に徐々に形成されたと言われています。確かに水害防止には大きな効果を発揮しましたが、堤防で周りを囲んだため外部から水を取り入れにくくなるというジレンマが発生しました。そこで登場したのが堀抜井戸です。輪中地帯にはかつて広大な自噴地帯がありました。地元の人は自噴井戸を掘ることで治水と利水のジレンマ解消を試みたのです。

遠藤先生1901s-岐阜県輪之内町(旧福束輪中)の輪中堤.jpg
写真1 岐阜県輪之内町(旧福束輪中)の輪中堤


 ところがこれには一つ落とし穴がありました。輪中地帯は北高南低の地形をしています。一つの輪中内部でも同様で、北部の村々は少し高いところに、南部の村々は少し低いところに立地していました。堀抜井戸は北部の村々で掘られたのですが、その排水が南部の村々に溜まり農業に悪影響が出始めたのです。堤防で周りを囲まれているうえ、電気ポンプなどない時代でしたから、南部の村々は排水に困ります。ここから井戸を欲する北部と南部で争いが起きました。一部の輪中ではこの争いは100年以上も続き、時には南部の住民が北部の家々を襲う暴動まがいの事態もあったそうです。
 そこで北部と南部で井戸を規制する約束が交わされました。そこの骨子は①井戸の総数に上限をかける、②井戸に課金する、③集めたお金は南部の排水施設の充実化に用いるというものです。こうした仕組みは江戸時代から次第に形成され、明治期になると「株井戸」と呼ばれました。ここでいう株とは一部に特別に認められた権利という意味です。相撲の「親方株」という言葉を思い出すと理解しやすいと思います。一部に特別に認められるということは、それ以外は認められないということなので、規制の存在と表裏一体です。つまり株井戸とは井戸の掘削規制と理解できます。
 学術用語を使えば、株井戸は井戸掘削をめぐる外部不経済を内部化する制度といえます。とても面白いのはこうした仕組みが藩政府の強制ではなくて住民同士の自治によって創設・運営されていた点です。いわゆるコモンズ論の世界です。株井戸の研究は輪中の郷土史家を中心に行われていたのですが、1960年代でほぼ動きが止まってしまいました。私のねらいは当時存在しなかったコモンズ論の知見を用いて、井戸の掘削規制が本当にうまく機能したのか、機能したならばその理由は何なのかを明らかにすることです。こうした作業を通じて株井戸を日本における地下水管理制度の先駆的事例として再評価したいと考えています。

遠藤先生1901s-岐阜県輪之内町(旧福束輪中)に今なお残る自噴井.jpg
写真2 岐阜県輪之内町(旧福束輪中)に今なお残る自噴井



水資源・環境学会ウェブサイト http://www.jawre.org/

湖沼保全政策はどのように学び合えるのか

滋賀県立大学環境科学部 平山奈央子

 2018年10月15日~19日に開催された第17回世界湖沼会議(いばらき霞ヶ浦2018)に参加しました。会議の詳細については<http://www.wlc17ibaraki.jp/index.html>をご覧ください。世界湖沼会議は隔年で開催されており、私が初めて参加したのは2001年に滋賀県・琵琶湖畔で開催された第9回世界湖沼会議でした。今年の会議では『持続可能な生態系サービス』をキーワードとして、全体フォーラムや9つの分科会において研究・活動発表、討論が行われました。私は琵琶湖の住民参加型評価について発表するとともに、その他、統合的湖沼流域管理に関する分科会や北浦・涸沼(ひぬま)・千波湖をめぐるエクスカーション等に参加しました。
 分科会では、フィリピン・メキシコ・セネガル・ネパール等様々な国における湖沼(群)の状況や研究成果などの情報を得ることができました。例えば、フィリピンラグナ湖での湖沼環境評価の可視化やネパール湖沼群でのラムサール登録による住民参加型保全への士気の高まりなど、学ぶところが多くありました。ただ、紛争地域や開発途上国など国の状況や政治体制、法制度、文化が異なるため、問題とそれらへの対応が異なるのは当然のことで、それぞれの湖沼で実施された保全政策や取り組みをどのように学び、自身の対象湖沼で活かせるのか、ということを考えさせられました。
 エクスカーションでは、霞ヶ浦コースもあったのですが、訪問したことがなかった涸沼・千波沼について知りたいと思い、そちらのコースを選びました。2015年にラムサール条約の登録湿地となった涸沼では市民活動団体や漁業関係者が精力的に活動されており興味深かったのですが、特に、最後に訪問した霞ヶ浦導水事業の那珂機場が印象に残っています。ご存知の方も多いと思いますが、霞ヶ浦導水事業は図1と2に示すように、那珂川(なかがわ)・霞ヶ浦・利根川を地下管路で結び、霞ヶ浦の水質改善や那珂川・利根川の渇水に備えた水量調整のための事業です。事業の詳細は国土交通省関東地方整備局霞ヶ浦導水工事事務所のホームページで紹介されています。

平山先生図1_1812.png
図1 霞ヶ浦導水事業の概要(1)* 


平山先生図2_1812.png
図2 霞ヶ浦導水事業の概要(2)* 

 この事業は1985年から進められていますが、訪問した時点では全ての事業が完了していませんでした。写真は、那珂川から導水された水を一次的に溜める沈砂池で、2019年度から那珂川‐那珂機場‐桜機場の通水を開始するという事でした。

平山先生沈砂池_1812.JPG
写真 那珂機場の沈砂池


 霞ヶ浦導水事業では、河川・湖沼の水を人工的に移動、混合させるため、流入先の環境変化や漁業資源への影響を懸念する声や水需要の試算への疑問などがあります。那珂川の漁業関係者は事業の差し止めを求めて訴訟を起こしましたが、2018年に和解が成立し、事業は継続されています。これと同様に、琵琶湖でも水資源開発事業として1972年から97年に琵琶湖総合開発が実施されました。この時も、漁業資源や自然環境への影響、健康被害の懸念から事業の差し止めを求める訴訟が起こりましたが、事業は継続、完了しました。その後、琵琶湖はどういう状況になっているでしょうか。確かに、漁業資源の減少、水草の繁茂などの問題がありますが、これらに影響する要因が複数あり、しかも複雑に関係し合っているため、開発事業による直接的な自然への影響を評価できません。同じ日本国内の湖沼であっても、琵琶湖の経験を霞ヶ浦で活かすことは難しいのでしょうか。
 今回の湖沼会議の口頭発表の一つに、「湖沼環境の悪化とその政策」を「人間の病気と治療方法」に見立ててお話しされていた先生がいらっしゃいました。その例えをお借りして、個々人の体形や特性は異なるけれどもある程度一般化された治療方法や薬があるように、河川や湖沼の環境変化やそれに対して実施した政策を並べて見渡す、あるいは比較することで、副作用が少なく多くの湖沼に効果のある政策が浮かび上がってくるのではないかと思いました。また、湖沼が抱える近年の環境問題は様々なことが複雑に関係しているため、関係分野の現状や影響について情報共有や議論,調整することの必要性を改めて感じました。

*国土交通省関東地方整備局霞ヶ浦導水工事事務所:霞ヶ浦導水事業の概要<http://www.ktr.mlit.go.jp/dousui/index0001.html> (掲載図を一部切り取り)



posted by 水資源・環境学会広報委員会 at 10:46Comment(0)日記

東京都三河島水再生センターのキャンドルナイトを見学しました(2018.11.2)

水資源・環境学会 理事 野村克己


 11月2日に東京都三河島水再生センター内の旧三河島汚水処分場喞筒場(ポンプじょう)施設(写真1、地図1)で開催されたキャンドルナイトを見学する機会を得ました。(図中印は東京都のホームページの写真をご好意で借用させていただきました。深謝します。)

旧三河島汚水処分.jpg
写真1:旧三河島汚水処分場喞筒場(ポンプじょう)施設


三河島水再生センター位置図.jpg
地図1:三河島水再生センター位置図


 当水再生センターは大正11年3月に日本で最初の下水処理施設「三河島汚水処分場」として、運転を開始しています。また、旧喞筒(ぽんぷ)場施設は歴史的価値が高いことから、下水道分野の遺構としては初めて平成19年に国の重要文化財に指定されており、知る人ぞ知る歴史スポットです。

稼働当時の三河島.jpg
稼動当時の三河島汚水処分場


旧ポンプ室の.jpg
旧ポンプ室の現在の光景


 その貴重な文化遺産を広く親しんでもらおうと4年前からキャンドルナイトとして、夜間のライトアップが始まったようです。今年は「東京文化財ウィーク2018」に合わせて開催されたことから、例年のクリスマス時期とはまた違った、光景となりました。さらに「平成」最後のキャンドルナイトとあって、STAFFも格別力が入っていたとお聞きしました。
 センターの入り口にはキャンドルナイトの看板が来場者を迎えてくれました。ご近所と思われる親子連れ、私のような遠路見学に来たと思われる人、そしてOBと思われる方とSTAFFとの会話・・・。そんな光景が初めて訪れた私の気持ちを高ぶらせます。そして「平成」のキャンドルが時代の終わりを惜しむように静かに灯っていました。

センター入り口の.jpg
センター入り口の案内板


平成のキャンドル.jpg
「平成」のキャンドル!


 足を進めると、旧ポンプ場の前にキャンドルナイトのメイン広場が現れました。約3000個のキャンドルを使用したそうで、ろうそくに一つずつ灯をともすSTAFFの苦労と熱意も伝わってきます。幸い穏やかな夜、静かにゆらめくキャンドルに照らされて、旧ポンプ場が優しくうす暗闇に映えていました。


キャンドルナイトの.jpg
キャンドルナイトのメイン広場


 赤いレンガ壁の建物の中には歴史を今に伝えるポンプが並ぶ。しばらくすると私の横で、明日のお天気を知らせるテレビ放映の撮影が始まりました。キャスターの声を横で聴きながら、稼動当時の職員さんは、およそ100年後の「夜の」当センターにこれほど多くの見学者が訪れるのを、想像できただろうか?と自問しました。某地方自治体の下水道事業に約35年従事した自分の体験を振りかえっても感慨深いものがあります。
 大都会東京にもしっとりとした「水辺空間」がまだまだあるようです。遠景を最後にパチリと撮って帰り道に向かいました。ご案内いただいた東京都下水道サービス株式会社の職員さん、当原稿執筆でお世話になった東京都下水道局広報サービス課の職員の皆様、ありがとうございました。来年も頑張ってください!

三河島水再生センターキャンドルナイト遠景.jpg
三河島水再生センター「キャンドルナイトin三河島」の遠景:
また来ます。



写真出典サイト:
旧三河島汚水処分場喞筒場(ポンプじょう)施設s_mikawa2.jpg、位置図map_07_01_02
http://www.gesui.metro.tokyo.jp/living/tour/guide/s-mikawa/
散水ろ床001.jpg、喞筒(ポンプ)室内img_tokusyoku01.jpg、:
http://www.gesui.metro.tokyo.jp/living/tour/guide/s-mikawa/07-01/index.html

posted by 水資源・環境学会広報委員会 at 18:57Comment(0)日記