日本初の水力発電所・三居沢発電所(宮城県仙台市)

 1888年7月、日本の水力発電は杜の都・仙台でその歴史の1ページ目を刻みました。その流れをくむ発電所は、100年以上現役で稼動を続けています。JR仙台駅から仙台市交通局のバスで約25分。仙台市交通局の「川内営業所」に隣接するのが、現在は東北電力が管理する「三居沢(さんきょざわ)発電所」です。

IMG_3425.JPG

写真1:1909年に完成した現在の建物(撮影:2017年6月。以降の写真も全て同じ)


IMG_3439.JPG

写真2:「水力発電発祥の地」の石碑

 当初は出力5キロワットの直流発電機でしたが、幾度かの改修を経て、現在は1910年から稼動するシーメンス社の交流発電機により、最大発電出力1,000キロワットとなっています。1888年、現在の仙台市交通局・川内営業所の敷地にあった「宮城紡績会社」(1884年に紡績事業を開始)が、仙台市内における電灯事業の開始を目的に、広瀬川の水を動力としていた織機の水車タービンに発電機をつけたのが始まりです。最初は紡績工場内の照明50基と、取水口のある山の頂上に1基設けたアーク灯を照らすために使われました。

IMG_3443.JPG

写真3:宮城紡績会社があったことを示すプレート。画面左上のバスの上に少しだけ見えているクロマツは、その当時からある。

 ただし電灯事業に関しては「時期尚早」との意見が強く、7年後の1894年まで待つことになります。その間、1891年に京都の蹴上発電所が電灯用の配電を開始したため、現状ではこちらのほうが有名になってしまっている感もあります。
(記念館の方も、ぼやくような感じでおっしゃっていました)

 1894年、発電機を30キロワットの能力のものに交換した上で、仙台市内における電灯事業が始まりました。当初の契約数は365灯でしたが、あっという間に増えていき、1895年の末には20万灯を超えていたそうです(書籍「東北の電気物語」より)。1900年、その電力に目をつけた人々によって、当時自転車の灯火用として需要があった「カーバイド」の製造が試みられ、見事に成功。のちに設立された「日本カーバイド商会」は、現在のチッソ株式会社のルーツとなっています。
 1910年には、現在使われている発電機を収容した新しい建物が完成。1942年には現在の東北電力の母体となる東北配電株式会社に継承され、100年以上経った今も現役で稼動を続けています。

 1988年、初代の建物があった場所に、「三居沢電気百年館」が開設。発電所の建物のうち、百年館と隣り合う部分の外壁はガラス張りに変更され、百年館から発電機を眺めることが出来ます。1999年、発電所の建屋が国の「登録有形文化財」に指定。2008年には発電機や関連資料が日本機械学会の「機械遺産」に。そして2009年には経済産業省の「機械遺産」の認定を受けています。

IMG_3440.JPG

写真4:1988年に開設された三居沢電気百年館(右側の円筒形の外観の建物)

IMG_3431.JPG

写真5:百年館から発電所建屋内を眺めた様子

IMG_3437.JPG

写真6:日本機械学会からの認定状と、記念のクリスタルトロフィー

 百年館の2階の外にあるテラスに出ると、現役の導水管と、初代の導水管の跡地を眺めることも出来ます。レンガ造りで、これまた趣のあるものです。

IMG_3432.JPG

写真7:百年館2階のテラスから見た、現役の導水管(左側)と、初代の跡地(右側)

 仙台城などを巡回するループバス「るーぷる仙台」でも行くことができます(この場合は、停留所番号11の「交通公園・三居沢水力発電所前」下車で徒歩3分)。仙台へお越しの際は、ぜひ一見されることをお勧めします。

参考:東北電力Webサイト「三居沢電気百年館」紹介ページ
http://www.tohoku-epco.co.jp/pr/miyagi/sankyozawa.html

吉岡 泰亮(広報委員会)








水に関連したTED3題

 TEDとは、世界の旬な話題を一人が数分間プレゼンするイベントです。インターネット高速接続(もはや当たり前か?)があれば無料でどこでもビデオを楽しむことができます。水に関連したTEDのプレゼンを紹介します。日本語の字幕が付いていますのでご安心を。

ディーピカ・クルップ: 若き科学者の「澄んだ水」への探求


 ディーピカ・クルップさん。ご本人のウェブサイト(http://deepikakurup.com/)によると現在、ハーバード大学の学生。少林寺、テコンドーといった武術が趣味の女性です。14歳のころから、世界の人びとに安全な水を届けることを目指して、太陽光殺菌による水の浄化技術を研究しています。光触媒を応用した技術です。画像で見るとペットボトルを使った簡便なもののようです。水は普遍的人権だとして、2012年には、Catalyst for World Water(世界の水のための触媒)という、世界の水危機を触媒による浄化技術で解決しようという社会事業を立ちあげました。多数の賞を受賞しています。

 若い人が行動をして、周りが後押しをするというのは、気持ちがいいですね。わが水資源・環境学会でも、2015年には高校生の薬師寺恒紀さんが樹幹流をせきとめて雨水を集める島嶼部の伝統的な集水法についてのご研究で奨励賞を受賞しました(ニューズレター69号http://jawre.org/publication/newsletter/69.pdf 参照)。この学会も、中高生、大学生が水について関心を持った時に来てもらえる場、後押しをすることができる場になることができればいいなと思います。


デイビッド・セドラック: 壊滅的な水不足を避ける4つの方法


 都市の水不足を解決する四つの「蛇口」があると言います。遠方から水を運んでくるわけではありません。足元にある水資源です。それらは一体、何でしょう。水資源・環境学会の方ならすでにご存じの解決法かもしれませんが、現実にこの分野に関わっている人のお話は迫力があります。セドラック氏はカリフォルニア大バークレー校の教授兼環境科学技術研究所の所長です。カリフォルニアの渇水はここ数年大きな問題です。


ロブ・ハーモン「どのように市場作用が水流を維持できるのか」


 アメリカ・モンタナ州の小川が干上がる問題をどう解決できるのか?このプレゼンでは、市場取引を使った方法を提案しています。ビール会社と農民との間で取引をして、小川に水が流れるようにします。アメリカ西部の水の法律(senior water rights;先順位水利権※)のお話もあります。本学会でも、「環境用水」についての研究発表が見うけられます。日本での応用は可能でしょうか?


※ この用語については、宮崎淳氏のご教示をいただきました。

高橋 卓也(広報委員会)

posted by 水資源・環境学会広報委員会 at 00:28随想

東播磨のじゃことり

 米作りが終わり、秋が深まっていく頃になると、加古川市西神吉町富木地区では、今もなお、昔ながらに溜池の水を抜いている。

 東播磨は溜池が多い。そもそも瀬戸内気候で雨が少ない上に平野の平たいところのほとんどが田んぼになっていて、たくさんの水を張る必要があるのだろう。このあたりでは、溜池の水抜きのことをじゃことりと呼ぶ。すっかり水が抜けて干上がり、露わになった池底は、野球場が二つは入りそうなくらいに広い。そこでは、大きな鯉や鮒が、時折大きな音を立てて、浅い泥水の中を這うように泳いでいる。そして、幾羽もの鷺が立ち、微動だにせず泥水を見つめていたりする(写真1)。

20170214かいぼり池鷺.jpg
写真1 干上がった富木地区の幡水池、鷺が見える(2016年11月中旬撮影)

 ゼミ1期生のN君が、卒業論文でこの行事に取り組む人たちについて研究して以来、毎年2回生ゼミ生を引き連れてじゃことりに訪れている。兵庫県はこのじゃことりを「かいぼり」と呼んで、実施を後押ししている。学生が参加するというと、土地改良事務所が胴長を貸し出してくれる。休日にも拘わらず職員さんも何名か訪れて、池端に「いなみ野ため池ミュージアム」の幟を立てたりして、行事を盛り上げる。

 地元の農業水利のベテランから注意事項の説明を受けると、学生たちは、ジャコトリの網を手に、恐る恐る岸辺のコンクリートパネルの段を伝いながら水辺へと降り、池底の泥水の中へと足を踏み入れていく(写真2)。鷺たちが慌てて飛び立っていく。

20170214かいぼり.jpg
写真2 網を手に底泥の中を歩く学生たち(2016年11月中旬撮影)

 毎年訪れる富木地区の溜池はよく手入れがされていて、池底の泥はたいてい浅いが、所々深くなっていて、決まって動けなくなる学生が喚いて助けを求める。本人は必死の形相だが、こちらは毎年のことなので笑ってしまい、叱られる。

 堤の上では、地区のベテラン達が調理してくれた小魚や海老、外来種の亀の揚げ物を、学生たちがびっくりしながら口にし、池の生き物と地区の人々との距離の近さを感じ取っているはずである(写真3)。泥の中を歩くことに慣れてくると、網で魚を捕ることに夢中になり、次第に池の中を跳ね回るようになったりして、大騒ぎである。そんな頃にはじゃことりは終わりとなる。

20170214かいぼり揚げ物.jpg
写真3 ただいま唐揚げ中(2016年11月中旬撮影)

 お借りした胴長を一通り洗い、池端に干し終わるとお昼時である。堤の上に座り、婦人会のみなさんが地元産のお米でつくって下さったおにぎりと豚汁をご馳走になる。うまい。

 人がいなくなった溜池に静けさが戻る。いつの間にか戻ってきていた鷺が、所々に残った水溜まりの際で、再び泥水を見つめている。

               矢嶋 巌(広報委員会)


<ご参考用>
兵庫県いなみ野ため池ミュージアム
 http://www.inamino-tameike-museum.com/
posted by 水資源・環境学会広報委員会 at 11:16随想