日本とロシアの二つの水都から水環境価値を考える

若井 郁次郎(モスクワ州国立大学 地理・生態学部 講師)

立地と歴史が類似した二つの水都

 日本の大阪市(以下、大阪という。)と、ロシアのサンクトペテルブルク市(以下、サンクトペテルブルクという。)とを選んだのは、そっくりの自然地形での立地にあることに注目しています。まず、二つの水都が似ている自然地形のあらましから紹介します。

 大阪は、日本最大の湖・琵琶湖を源流とする淀川の75㎞下流の河口にあり、瀬戸内海の東端の大阪湾の湾奥に立地しています。一方、サンクトペテルブルクは、ヨーロッパ最大の湖・ラドガ湖から流れ出るネヴァ川の74㎞下流の河口に位置し、フィンランド湾の東端のネフスカヤ湾の湾奥にあります。両市ともに西側が内湾に面していることから、冬は海上を走る強い西風が市街地を通過します。


若井図1大阪とサンクトペテルブルクの位置.PNG
図1 大阪市とサンクトペテルブルク市の位置

 二つの都市の大きさは、市域の面積で見ますと、大阪が221㎢、サンクトペテルブルクが1,400㎢であり、サンクトペテルブルクは、大阪の6.3倍の広さです。人口は、大阪が約268万人(2013年)、サンクトペテルブルクが493万人(2011年)であり、サンクトペテルブルクは大阪の約1.8倍です。面積と人口ともに、サンクトペテルブルクは、大阪よりも上回っています。

 二つの水都は、現在の都市としての原形が造られたときから見ますと、大阪は豊臣秀吉が大坂城を築城し、城下町を造り始めた1583年、サンクトペテルブルクは、ピーテル大帝が建都し始めた1703年に起源をもち、いずれも外交政策の展開の要所として建設された臨海都市です。二つの都市は、海上交通の起点となり航路を増やし、伸ばしながら国内はもとより、国際交易・交流を中心とする港湾都市として発展してきました。しかしながら、河口に位置する両市は、冬の強い西風による高い波が河口に押し寄せ、船の離着岸だけでなく、堆積する土砂量が多く、水深を保つための浚渫を必要としてきました。こうした不利に打ち勝つため、都市内の大小河川沿いに河港が建設され、増える水運需要に応えるため、河川をつなぐ運河網が造られ、海上アクセスが便利になりました。これが、現在、両市に見られる河川・運河網です。

 しかし、大阪は、1960年代のモータリゼーションによる市内中心部の交通渋滞の解消のため、多くの運河が埋め立てられ、道路に変わりました。ここに両市の水都景観の保全の考え方に違いが見られます。


若井図2大阪のおもな河川と運河網.PNG
図2 大阪のおもな河川と運河網


若井図3サンクトペテルブルクの主な河川と運河網.PNG
図3 サンクトペテルブルクのおもな河川と運河網

持続できる水都景観サービス

 近代都市は、ますます高度に人工化し、自然度が少なくなりつつあります。このため、水のある都市空間は、都市居住の快適さを高めるうえで見直されつつあり、貴重な環境資源であるとする考え方や見方が広がっています。しかし、景観という視点だけでは、水都景観の保全の説得は弱いように思われます。

 それには、自然環境から人間が長年にわたり持続して受けてきた有形や無形のサービスが、今後も持続して高い質で受けられるには、どのように位置づけ、どのように保全するかを考え、水のある都市空間の価値づけを行うことが重要になります。現在のところ、生態系サービスと持続可能な開発目標をより深く、具体的に明らかにしていくことが、一つの解決アプローチであると考えています。

 都市内の水のある都市空間は、生態系サービスから見れば、「気候の制御」や「文化的サービス」がおもに相当するものであり、都市気候の緩和や人間への精神的なくつろぎをあたえてくれます。また、持続可能な開発目標から見れば、「住み続けられるまちづくりを」がもっとも近い開発目標になります。いずれにしても、現在から未来にかけて都市内の自然環境を守り、人間と自然との関係距離を縮めていくことが大切になります。言い換えれば、人間と自然とが対話できる都市空間を保全し、都市にうるおいを演出して人間性や都市文化度の持続性を高めていくことが求められている、といえます。

若井図4生態系サービスの種類.jpg
注 日高敏隆編(2010)『生物多様性はなぜ大切か?』より引用。
図4 生態系サービスの種類

図5.持続可能な開発目標jpg.jpg
注 国連開発計画(UNDP)のHPより引用
図5 持続可能な開発目標(SDGs)


二つの水都と水辺空間の利用

 大阪とサンクトペテルブルクは、市内に多数の河川や運河があり、水辺空間に恵まれた大都市です。両市とも、水や生き物などの自然に接することができる豊かな水辺空間があり、都市空間の魅力を高めています。水辺空間の有無は、建物が林立する現代の大都市の魅力を左右するものといえます。

 立地条件が似ている大阪のサンクトペテルブルクの水辺空間の利用の現状を具体的に見ましょう。二つの水都の水辺空間は、大きな観光資源になっています。しかし、水辺空間のありようは、大阪は混とんとしていますが、サンクトペテルブルクはすっきりしています。この違いは、都市計画の考え方によるところが大きいようです。つまり、大阪は、水辺に面して小さな建物が隣接しているうえ、看板や広告塔が個性的にあります。他方、サンクトペテルブルクは、大きな建物が整然とし、看板や広告塔がきわめて少ないようです。どちらの水都景観を選ぶかは、難しいところです。

若井写真1道頓堀川.jpg
(1)大阪 道頓堀川(著者撮影)

若井写真1Griboedva運河.jpg
(2)サンクトペテルブルク Griboedova運河(著者撮影) 
写真1 水上観光でにぎわう水都の水辺空間

 二つの水都の水辺空間の利用について、もう一つの事例で見ることにします。大阪は、堂島川の中に都市高速道路が造られていて、水辺空間の魅力を半減しています。他方、サンクトペテルブルクの河川や運河では、観光船やプレジャーボートの往来があり、観光客だけでなく、市民も船上からの都市風景を楽しんでいます。二つの水都における水辺空間の利用面から見ますと、サンクトペテルブルクは、生態系サービスをより多く受けているようです。

若井写真2堂島川.jpg
(1) 大阪 堂島川(著者撮影)

若井写真2Griboedva運河.jpg
(2)サンクトペテルブルク Griboedova運河(著者撮影)
写真2 市内中心部の水辺空間

水都の水環境価値をどのように考えるか

 巨大化する都市が地球や地域の環境におよぼす負荷を減らし、将来の快適な都市環境につながる自然度の高い都市環境づくりが求められています。その解決アプローチの一つとして水都の水環境価値を明らかにすることが必要になっているといえます。これまで水環境価値は、たとえば仮想評価法などが応用され、定量化が試みられています。しかしながら、想定による水環境価値を測ることは、必要ですが、事実とかい離しているようであり、説得性が弱いように思われます。また、上述したように、類似する都市の水辺空間の利用の現状を比べて考察することも重要ですが、水環境価値の一般化は難しいと思います。

 それでは、どのように水環境価値を解明するか。たとえば、水都の水環境価値は、水辺空間の広がりと奥行きに加えて、水質の良さや、河川や運河で生活する生き物の種類の多さと生息数などを考えて、定量化あるいは指標化する必要があります。また、水辺空間の魅力は、人間の価値観による評価をも必要とするでしょう。なかなか困難な問題ですが、やりがいのある問題といえます。ここでは、水環境価値の解明の重要さを提起するにとどめますが、筆者は、今もこの悩ましい問題を思考実験しています。解決の光が見えるようになれば、改めて投稿しますが、皆さんも挑戦的に取り組んでいただければ、幸いです。


参考文献
  1. Wakai, I. (2018). Effect of Creating Environmental Value by Development/Regeneration of Sound Waterfronts in Major Cities: Osaka City as a Case Study, Policy Science, Vol. 25, No. 3, pp. 183-196, The Policy Science Association of Ritsumeikan University
  2. Wakai, I. (2016). A Comparative Study of Waterfront Use as Ecosystem Services in Saint-Petersburg and Osaka, Architecture and Engineering, Vol. 1, Issue 1, pp. 71-78
後記
 この記事は、筆者が2014年8月~9月の2カ月、ロシアのサンクトペテルブルク市に短期滞在したときの見聞調査と、帰国後の国内調査に基づいています。また、帰国後、大阪市とサンクトペテルブルク市が姉妹都市であることを知りました。





お水汲んできて~! そして、道すがらいろいろと思う

地域社会研究所 大橋 浩


 夜11時、「お水汲んできて~!」と女房殿が叫ぶ。明日は初釜、我が家の氏神様の「不二の水」がどうしても欲しいと言います。藤森神社まで電車では行こうと思っても、帰りは電車がない時間になってしまいます。少々アルコールが入っているので車でと言うわけにもいかず、仕方なく自転車の籠にポリタンを入れて、押して歩いていく。往復徒歩で2時間弱です。年明けの真冬の寒さは身にしみます。「なんでわたくしめが」と恨めしくとぼとぼ歩きます。
 東福寺境内から南へ山裾の道へ歩いていきます。東福寺も若年の頃とは様相を異にしています。昔は紅葉の頃でも観光客はさほどではなく紅葉の下で軽くいっぱいしながら十分に秋を楽しむ姿もよく見かけたものですが、今はそうはいきません、朝の開門8時前にはもう拝観待ちの長蛇の列が出来上がっています。昼間と言えば、歩くのにも苦労する、四条河原町の繁華街どころではありません。急用で車を出そうとしてもかないません。どうしてもという時にはガードマンさんの協力を得て小さくなって車をだすことになります。帰りは観光客が少なくなる5時ごろまで喫茶店で時間待ち珈琲タイムとなります。お客をもてなしたいという気持ちと住民に与える影響、なかなかむつかしい課題です。

東福寺拝観待ち行列.jpg
写真  東福寺 拝観待ち行列


 20分ほど歩けば伏見稲荷大社、多くの海外からのお客様でにぎわっています。毎日がお正月のような賑わいです。10年前とは大違いです。日本一の観光地とのこと、密に立ち並ぶ鳥居の朱色、入場料無料が人気の理由だそうです。参道入口の大鳥居まえのコンビニは日本一の売上とか。マナーの悪いお方も多いらしく、ポイ捨て芥が多く神社、地元の方々は清掃に頭を悩ましています。日本人のマナーの良さに改めて気づきます。入山制限といったことにならぬよう観光のお客さんにも意識を高めてほしものです。とにもかくにも昔とは大きな違いです。大変な変化です。本当にびっくりです。でもお賽銭はそんなに伸びてないそうです。
 一方、稲荷山の方に目を移しますと、前々年の台風で倒れた倒木があちらこちらに数多く見受けられたのを思い出します。中学生の頃ほぼ60年前、近畿地方に大きな被害を与えた伊勢湾台風、東福寺や稲荷山にも倒木などの被害をもたらしました。東福寺の通天橋を流出させたのもこの台風です。台風の通過時には、強風がガラス戸を押す時にはガラス戸を押し、風が引く時にはガラス戸の桟を引っ張り、懸命にガラス戸が風に壊されないよう守った記憶があります。全くもって華奢な家屋であったものです。恐ろしい夜が明け、外の様子を見に出ますと枝や葉が散乱し倒木もあり様相を一変していました。臥雲橋から川上を見ると何か物足りない、しばらくして通天橋が消滅しているのに気づきました。山はと言えば、杉木などが数多く倒れているのが見受けられました。山道をふさいでいた木々もほどなく除去され、山肌に倒れていた倒木も1年後にはもうなくなっていた記憶があります。3年前の台風による倒木はいまだに横たわっているものや短く裁断され近くに放置されている。地域をケアする力が落ちてきているのを痛感いたします。竹林も維持管理する人がいないのか荒廃しています。おいしいタケノコが出る状態からはほど遠く感じます。
 伏見稲荷大社を横切ると静かな住宅地、この辺りの雰囲気は大きくは変わっていないようです。黄檗宗石峰寺もこの辺りにあります。伊藤若冲の五百羅漢で有名です。心の和む私の好きな寺院の一つでもあります。幼いときにはよく遊びに来たものです。
 名神高速道路の下を横切りしばらく歩くと、目指す藤森神社にやっと到着です。
 藤森神社は閑散としています。小生の幼かりし頃とほぼ変わらない雰囲気で落ち着きます。伏見稲荷大社とは大違いです。普段の夕方にはお水をいただく行列ができていますが、さすがに夜中は誰も列をなしていません。気を遣わず汲むことができます。小生の幼いときには湧いているんやと親父が言っていましたが、今は、地下90メートルからくみ上げられているとのことです。この水は「不二の水」と言われ、「二つとないおいしい水」という意味だそうです。武運長久、学問向上そして勝運を授けてくれる水として信仰されています。女房殿は初釜の時には、「『不二の水』二つとないおいしい水で点てました、武運長久、学問向上そして勝運を願い、おいしくいただいてください」、とでもいうのでしょうか。不二の水 の傍らには、水六訓の立て札があります。1.水は尊し 2.水は美し 3.水は清し 4.水は強し 5.水は恐し 6.水は深し と記されている。水にかかわって仕事をしてきた者としても、肝に命じておかなければならない事項です。身近においしい名水があり気軽にいただくことができる大変恵まれた環境です。

不二の水藤森神社.jpg
写真  不二の水 藤森神社


不二の水謂れ.jpg
写真  不二の水謂れ


水六訓立て札.jpg
写真  水六訓 立て札


 神社にお参りし「不二の水」をいただきました。寒さもありすっかり酔いは冷めてしまいました。あとは自転車で帰るだけです。家近くになり町内のことが思われます。先ほど話に出しました伊勢湾台風の頃は、若い人も多く元気な町内でしたが、今はと言えば見る影もない、超高齢世帯ばかりです。若人は核家族化で転出してしまい、盆・正月、区民運動会、お誕生日など行事に帰ってくるくらいのようです。全くもって世代交代がうまくいっていません。京都市内でありながらこんな状況です。いわんや地方においてをやと思います。人口急増時代に打たれた施策のしっぺ返しのように思うのは小生だけでしょうか。
 「ただいま、不二の水 いただいてきたよ~」 あとはもう一度、あったかくした飲み物を美味しくいただくだけです。
 静かで、澄んだおいしい空気、景観、ちょっと足をのばせばおいしい名水も汲める恵まれた環境を享受し毎日生活していますが、観光の地域に与える影響、山林・竹林の荒廃、地下水位の低下、地域の高齢化・世代交代の問題等々住む環境が急速に変化していることを他人事でなく改めて感じる1時間半でありました。
posted by 水資源・環境学会広報委員会 at 19:30Comment(0)日記

淀川のほとりで暮らして思う事

大阪学院大学国際学部 三輪信哉

☆1☆
 私事で恐縮である。私は生まれてからこの方、琉球大学にいた20代から30代の10年を除き、淀川左岸沿いの大阪市の赤川という町に住んでいる。
 祖父が大正時代に岐阜の山奥から出てきてこの地に工場を構えて100年が過ぎようとしている。振り返って見れば、私の人生の日常の大半は淀川とともにある、といってもよいかもしれない。
 祖父がこの地に居を定めたのは、当時周辺は水田だらけで、淀川の支流の小川がそこここにあり、土地が安く、水を利用した工場を営むためであった。戦前は南方で使う蚊帳の生地の晒し業で大いに成功したようである。戦後も水を利用しての金属メッキに仕事を変え、周辺の小川に廃液を流してもいた。メッキに使う重金属の濃度を味で見る、という今からは想像もつかないありようで、祖父が65歳で食道癌で亡くなったのも無理はない。
 私の幼少の昭和30年代には工場はやめていたが、淀川は私の絶好の遊び場だった。まだ小学校に上がる前、淀川で溺れ掛けてずぶ濡れになって家に帰った記憶がある。台風が来たときには川幅600メートル一杯が濁流と化し、堤防すれすれまで増水し家の屋根が流されてくる様を何度も見た。当然川の水面が家屋の地面よりはるかに高くなり、庭のあちこちからシュウシュウと音を立てて水が吹きだし、上流の氾濫で床下浸水を何度も経験した。そのような濁流もやがて水位を下げると、葦原の根元をぬって透き通った水が流れ、日頃は見ないような魚やエビを見るのが楽しみだった。今の温暖化の時代と違って、昭和40年ごろでもワンドの池が凍って諏訪湖の御神渡りさながらに割れて盛り上がる光景も何度かみた。また今でもそうだが、午前8時ごろになると、旧淀川から「コウモン」を通過して、何隻も砂利採集船が上って行き、午後には仕事を終えて砂を満載し、水面すれすれに船体を沈めて下っていく。

三輪先生写真1.jpg
(写真1)毛馬閘門下流の大川で停泊する砂採取船

 「コウモン」とは「肛門」。そう思っていた本当の意味がわかり、また「ワンド」がどれほど大事なものであるかを知ったのは、大学に入って水資源工学研究室に所属し、末石冨太郎先生のもとで学ぶようになってからだった。幼少の頃からの体験の断片が一気にモザイク画のように意味ある理解の対象となった。
 自宅から下流、堤防を歩いて半時間ほど下ったところに、まっすぐに大阪湾にそそぐ新淀川から、南に分流して、旧淀川が大阪都心を流れていく。そこにあるのが「毛馬閘門」である。

三輪先生写真2.jpg
(写真2)毛馬閘門


☆2☆
 大阪市北区と都島区の境にある淀川河川公園長柄河畔地区は、新淀川から旧淀川(大川)が分岐する位置にある。昭和49年(1974)に新造された「淀川大堰」と「毛馬閘門」があり、旧淀川に流れ込む水量を調節し、船運の便を図っている。

三輪先生写真3.jpg
(写真3)大川からみる現在の毛馬閘門

三輪先生写真4.jpg
(写真4)新淀川の淀川大堰、手前は大川への分岐

 明治時代に大規模な洪水が相次ぎ、甚大な被害を及ぼしたため、政府は淀川の大改修工事に明治29年(1896)着手。大川が毛馬で中之島に向け、南に大きく折れる位置から直線的に大阪湾に注ぐ新淀川を開削(16㎞)し、その一環として、明治40年(1974)に毛馬閘門、同43年(1910)に洗堰が建設された。当時の旧第一閘門と旧洗堰が平成20年に国の重要文化財「淀川旧分流施設」に指定され、現在もその地で保存されている。

三輪先生写真5.jpg
(写真5)保存されている旧毛馬閘門

 桜の木々でうっそうとした公園には、当時の大改修を記念する、高くそびえたつ「淀川改修紀功碑」を中心に当時の大改修を行う時の工事基準面を示す「旧毛馬基標」や、大改修に尽力した銅像「工学博士沖野忠雄君之像」がある。開削時に方々から掘り出されたお地蔵様方をお祀りする「毛馬北向地蔵」の社もあり、また、元和6年(1620)年以降の大阪城再築の時に、廃城京都伏見城から運んだ城石を誤って運搬船から落としてしまった「残念石」も大改修時に引き上げられて、それらが石庭のように点在し置かれている。
 当時のレンガ造りの閘門は使命を終えるまでの70年間、水位差のある新旧の淀川の往来を見守り、助けてきた。大川から遡上しようとする船を閘門は受け入れて、背後の扉を閉めると水位を上げて、新淀川と同じ水位になれば上流側の扉を開く。新淀川から大川に下るときもまた同じ。緩やかな水の流れのように緩やかに時が流れていく。何もかもがスピードを追求する世の中で、新閘門になって幾分かはその工程が早くはなったものの、毎日、数台の砂採取船がゆったりと往来し、かつてとほとんど変わりなく毎日朝に夕にと開閉が行われている。
 芭蕉や一茶と並び称される与謝蕪村(1716~1784)の生地もこの場所(摂津国東成郡毛馬村(現大阪市都島区毛馬町))で、堤防の上には蕪村の「春風や堤長うして家遠し」を刻んだ蕪村生誕地を示す記念碑がある。また淀川河川公園と隣接して蕪村公園が併設されており、晩年の作である「春風馬堤曲」の俳句が刻まれた自然石を点在させている。蕪村は20歳ごろに上京するまでこの地で過ごした。62歳の時に門人に宛てた手紙で『余、幼童之時、春色清和の日には、必友どちと此堤上にのぼりて遊び候』と記しており、ゆったりと流れる大川を友達と眺める蕪村の姿が浮かぶ。
 大改修を人間に迫るほど、時として大きな災難をもたらした淀川であるが、大半の時代、多くの人々に安らぎと豊富な恵みを与えて来たのも淀川である。

☆3☆
 淀川は、度重さなる氾濫を繰り返し、洪水のたびに周辺地域に甚大な被害をもたらしてきた。
 そこで明治30年(1897)から43年(1910)にかけて、淀川の改修工事が行われた。新淀川(摂津市-津屋~大阪湾河口)が開削され、新淀川と旧淀川(大川)の水量調整、ならびに大川への土砂堆積防止のため明治43年(1910)に毛馬洗堰が建設された。
 淀川は、琵琶湖からの瀬田川・宇治川、京都からの桂川・鴨川、奈良県からの木津川が合流して大阪で淀川になる。利根川が16,840㎢で日本一広く流域内人口は約1,280万人に達する。淀川水系は流域面積こそ8,240㎢と全国第7位(利根、石狩、信濃、北上、木曽、十勝川に次ぐ)ではあるが、市街化面積が約1,500㎢、流域内人口が約1,179万人と、流域内人口密度でみると日本一ということになる。奔放に流れる淀川はじめ多くの府下の川を堤防内に押し込めることで、経済、人口を集中させてきた。
 慶応4年(1868)に海外へと開かれた大阪港は、商都への飛躍をはかるために大型汽船の出入りが必須であったが、自然の河口を利用した河川港であり、河口の土砂堆積に悩まされていた。天然の良港である神戸港が経済を引き付ける中で、国際貿易のできる近代港湾の建設が求められた。
 河川工学を学ぶものなら誰もが知るオランダ人技師ヨハニス・デ・レーケ(1842―1913)が港湾計画を依頼され、明治20年(1887)に計画を作成。当初は築港の計画を依頼されたのだが、当時、測量といっても移動手段が乏しい中で、彼は淀川を流域として俯瞰的に捉えていた。淀川河口に直進させる放水路(新淀川)の開削による土砂の排除、中流域ではケレップ水制を用いた流路の蛇行と流路幅の制御による舟運の確保、さらに上流に遡り琵琶湖に流入する河川の砂防堰堤建設や植林事業。この流域全体を俯瞰的に見る考え方が、全国の主要河川にと後に広げられることになった。しかし、財政的にも制度的にも厳しく、明治29年(1896)の河川法の制定を待たねばならなかった。
 明治時代、大阪は再々、淀川の決壊で多大な水害に苦しめられてきた。明治18年(1885)には枚方の堤防が決壊し、大阪市内では上町台地を除くほとんどの低地部が水害を受け、被災人口は約27万人に上った。デ・レーケが流域全体を見ての計画を立てたのもこの未曾有の災害によるものであったろう。しかもそれが日本の国土、河川の骨格の整備につながり、近代日本の発展の基礎を作ったといえるだろう。
 明治30年(1897)に築港開始。デ・レーケの案を下地として明治27年(1894)、大阪土木監督所長・沖野忠雄(1854-1921)が内務省へ提出した淀川の洪水防御計画が、国直轄の淀川改良工事(明治30〜43年)となり、沖野の指揮のもと、工事が完了した。
 現在、沖野忠雄は銅像として、毛馬閘門の傍らの堤防の上に立ち、淀川の遥か上流を見続けている。

☆4☆
 昭和の時代にも、淀川流域では支流も含め、14回水害が発生し、平成27年(2015)の桂川の氾濫は記憶に新しい。今年、台風15号、19号と東日本で発生した甚大な水害は多くの人命を奪い、多大な損失をもたらした。亡くなられた方々のご冥福を祈り、被災された方々の一日も早い復興を祈念するばかりである。一方、川との関わりが薄くなる中に、淀川こそは決壊しないと信じ、豊かな生活を安穏と享受する今日、今一度、生活者としても自身を見直さねばと思うこの頃である。(2019.11.11)

(参考文献)
1)淀川百年史編纂委員会、「淀川百年史」、建設省近畿地方建設局、1974年
2)松浦茂樹、「明治の淀川改修計画 デレーケから沖野忠雄ヘ」、土木学会論文集 第425号/IV-14 、1991年1月
3)国土交通省淀川河川事務所、「100年前の大洪水と新しい川の誕生」、
https://www.kkr.mlit.go.jp/yodogawa/know/history/now_and_then/tanjyou.html(2019.11.01閲覧)
4)関西・大阪21世紀協会、「なにわ大坂をつくった100人:第6話 与謝蕪村」
https://www.osaka21.or.jp/web_magazine/osaka100/006.html(2019.11.01閲覧)
posted by 水資源・環境学会広報委員会 at 00:00Comment(0)日記